定番の質問にはこう答えよう!30代女子の必勝合コン会話テク

合コンに行く女性

婚活パーティーより手軽に新しい出会いを手にできる「合コン」。

せっかく参加するのだから、お目当ての男性の連絡先くらいはGETしたいもの。

30代女子のメンツにかけて、男性に「おっ!」と思わせる大人女子の会話力を身に着けましょう。

スポンサードリンク

合コンで20代に勝つためには、大人な会話センスが必要です

アラサーにもなると、新しい出会いもぐっと少なくなり、自分から出会いを求めないと、なかなか未来の旦那様候補と知り合うことができなくなります。

婚活パーティーもいいけれど、もう少し気軽に出会いを手に入れたい、そんな時合コンはとても有効なツールです。

しかし10代の頃から行き慣れていて、合コンなら私に任せて!という「ツワモノ」ならいざ知らず、やはり初対面のメンツは緊張してしまい、会話が続かない、盛り上がらないなんてことはよくあること。

また二十歳過ぎの小娘ちゃんと会話レベルが一緒なら、男性は絶対にそちらへ行ってしまいます。

ここは大人な会話テクを身に着けて、相手にぐっと印象付けておきたいもの

せめてお目当ての相手から連絡先くらいはゲットしたいですよね。

そこで、合コンにおける「定番の質問」から、相手を「おっ!何この子(人)気になる!」といい意味で思わせる、一味違う返し方を考えてみました。

次の合コンへ向けて、ちょっぴり予習のつもりで読んでみてください。

相手を「おっ!」と思わせる、定番の質問「好きなタイプの男性は?」の返し方

男女

男性だって初めての女性との会話は緊張します。

なんとか会話をつなげようと頑張る男性陣からよく出る質問の1つが、「好きな男性のタイプは?」というもの。

バカ正直に答えるのも1つの手ですが、それが可愛く映るのは、合コン初心者の10代、20代の女の子たち。

大人30代女性ならこんな風に返してみましょう。

「自分でもわかっていなくて。好きになった人がタイプかな。」

アラサー女子には選り好みしている余裕がありません。かといって、「誰でもOK」という答えはがっついているようで悪印象。

このように答えることで、恋愛下手(だからこの年まで独身)を演出し、ターゲットの範囲が広い(ダメなタイプはない)ことをアピールできます。

男性はプライドが高いので、無理目の女性には大抵いきません。

少なくとも門前払いはないと思われたらしめたものです。

「笑いのツボが一緒の人です。」

関西で受けがよさそうな答えです。

こう答えると、お笑いの話になることも考えられます。

万が一、あなたがお笑い好きでも熱弁をふるうのはまだですよ。

相手もお笑いが好きだとわかったら、「今度二人で」という展開もありです。

このような答え方は、その後の会話にもつながる可能性がありGOOD!

その他、「映画を見て泣くポイントが同じ」とかもいいですね。

感情を共有できそうだとなると、一緒にいて楽そう、楽しそう・・・だから、また会いたいと次につながります。

「結局は誠実な人。」

「○○な人」がいいなあ、「××の人」もいいなあ・・・あれこれあげ、男性にわがまま女と一瞬思わせておいて、この答え。

最後、ちょっと真剣な顔をして言うのもポイントです。

社交辞令で聞いただけの男性も、ドキッとすることでしょう。

ワンナイト・ラブを狙う不埒な輩への対抗措置にもなります。

相手を「おっ!」と思わせる、定番の質問「彼氏はいるの?」の返し方

男性は合コンで気に入った女性には、目線を合わせようとしたり、向かい側ではなく隣に座ろうとしたり、飲み物を取ってあげるなどお世話を買って出たりと、様々なサインを出してきます。

その中の1つに、相手と会話をすることも入っています。

「彼氏いるの?」という質問は、相手が自分に興味を持っている証拠。

ここは彼のハートをさらに惹きつけるため、こんな風に返してみましょう。

「いないって言ったらどうする?」

暗に、「口説いてくれるの?」と言わんばかりの返答に、男性はきっとドキドキすることでしょう。

言葉の遊びと言えばそれまでですが、こういう大人な会話こそ、30代女子の真骨頂だと言ます。

もちろんタイプの男性にだけ使ってくださいね。

「今はいないの。」

この「今は」が大切。つまりいつもはいるんだけど、たまたま今はいないの。

とモテ女であることをほのめかし、相手を焦らせることが目的です。

ウソにならない程度に、失恋して傷ついていると、弱い部分をちらっと見せるのもアラサー女子のテクニックになります。

「いません。でもずっと欲しいなと思っているんです。」

これは喪女さん専用のお言葉かも知れません。

鬼気迫る感じではなく、あくまでサラッと答えましょう。

男性慣れしていないことは、既にバレているのだから、そんな場合はストレートに言ってみましょう。

以上、参考になりましたでしょうか。会話の基本は言葉のキャッチボール。

就職面接ではないのですから、聞かれて、答えただけではダメ。

定番の質問ですから、次の会話につながる答えを用意しておきましょう。

皆さまのご検討をお祈りしています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。