褒めてダサ男の改造計画

ダサ男

10代の頃なら「ナイわー」とバッサリのダサ男君。でも話してみると意外に面白くて良い雰囲気、おまけに外見からは想像できないような優良物件!

経験豊富な30代女子にとって彼は「買い」です。さっそく始めよう、ダサ男改造計画。

スポンサードリンク

いい感じだし優良物件!けど一緒に歩くのはちょっと…

婚活パーティーなどで、時々目につく男性たちがいます。スーツの色とネクタイが合っていない、服に皺が寄っているなど、全体的に野暮ったい人。

女性は基本オシャレ上手だし着飾ることが楽しいので、派手目な女性はいますが、大抵はTPOをわきまえた素敵な婚活ファッション。なので、余計にその野暮ったさが浮き上がってしまいます。

しかし、そんな男性でも話してみると、意外に面白くて話が合ったり、聞き上手でとても良い感じだったりすることがありませんか?

さらに年収や学歴を聞いてみると、その外見からは想像できないような優良物件だったりすることもありませんか?

こういう男性は、外見でかなり損をしている人たちです。もちろん私服のセンスもイマイチ。

もしあなたが10代だったら絶対に「ナイわー」と思う人たちかも知れませんが、そこは人生経験豊富な30代独女。

外見がイマイチでも絶対「買い」です。外見などいくらでも変えることができるではありませんか!

ダサ男だけど、気になる男性の改造計画をソク実行しましょう。

こんな男性なら変わってくれる

さて、彼を自分好みに変える前に、彼が変わってくれる余地があるかどうか確かめる必要があります。

まず、どんなにひどいファッションセンスだったとしても、彼がそれに強い拘(こだわ)りを持っている場合はダメです。

そして「男は見た目より中身が勝負」という信念にとらわれ過ぎている人もNG。彼らはきっとあなたの言うことを聞いてくれません。

ではどんな男性なら変わってくれるのでしょうか?

最大のポイントは彼がオシャレについてどう思っているか?です。

ダサイ男性の大半は、オシャレに関心がないか、あるいは関心があっても、どんな服や髪型が自分に似合うのかがサッパリわからない人たちです。

男という生き物は、自分の興味関心がないものに対しては、どうでもいいと見向きもしない傾向があります。肌触りが良くて清潔なら何でもOK、という男性は結構います。

こういう男性なら、元が真っ白なだけに、あなた色に染めるのは簡単です。

褒めておだてて巻き込んで

では早速、ダサ男改造計画を実行してみましょう。ダサ男君をその気にさせる方法をいくつかご紹介します。

良い服のときは褒める

ダサ男に限らず、男はプライドの高い生き物。上から目線で「こんな格好はダメ」では逆効果です。

彼がちょっとマシな服を着てきたときは、「その服似合う」と大げさなくらい褒めてあげましょう。次から彼は同じような服装でいそいそと現れるはずです。

自分の好きな服を勧める、プレゼントする

買い物に行ったとき、彼に自分の好きな服を勧めてみましょう「私こんなの好きだし、絶対似合うと思う」と試着までさせてしまえばこちらのもの。

「すごく似合ってる」とおだててあげれば、きっと彼はお買い上げ。

そのとき、その服に似合う小物があれば、それをプレゼントしてあげましょう。二重の意味で彼は喜び、その店が彼の行きつけの店になる日も遠くないでしょう。

だからと言って最初からハイブランド店に連れていくのはNGですよ。あくまで衝動買いしても問題ない価格帯のお店で。

一緒に美容院に行く

ダサ男は髪型ももちろんダサイ。そんなときはデート替わりに一緒に美容院へ。

美容師も巻き込み、「素敵!」とヨイショしてあげましょう。彼もその気になること間違いなしです。


次は彼にどんな格好をさせようかなと考えると、ほら、何だか楽しくなってきませんか?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。