元カレへの思いを断ち切ろう!

独女

あなたは本当に「出会い」を求めていますか?口では出会いを希望しながら、昔のカレを引きずってはいませんか?

本気で婚活するなら、その未練を断ち切りましょう。結局カレにとってあなたは唯一無二の女性ではなかったのです。

スポンサードリンク

「出会いがない」には2種類あります

結婚できない理由として、30代独女がよく口にするのは、「出会いがない」というものです。

しかし、この中には本当に「出会いがなかった」人と、「出会うつもりがない」人がいます。

本当に出会いがなかった人は、これから頑張れば十分挽回できる可能性があります。


けれど「出会うつもりがない」人は、まず自分の心を整理する必要があります。

やる気のない30代女性の婚活など、ただでさえ厳しい婚活市場において成功するはずがありません。

30代というだけで、20代の女性より「市場価値」は下なのです。それこそ必死になって戦わなければ20代の彼女たちには勝てません。

あなたの中にある「出会うつもりがない」という心。それはもしかして、過去の恋にとらわれているからではないでしょうか?

元カレに未練を残しつつ、婚活してもうまくいくわけがありません。これから出会う相手にも失礼です。

元カレにこだわる理由は

多くの女性が元カレにこだわり続ける理由には、こんな思いがあります。

元カレは自分にとって特別な存在だった

本当の自分を知っているのは元カレだけだという思いが、元カレ=特別な人という感情を生み出します。

付き合いが長ければ長いほどその思いも強くなり、なかなか抜け出せません。

別れに納得していない

突然元カレから別れを切り出され、ろくな説明もなく音信不通になってしまったような場合、別れた理由も分からず、理由を聞きたくてモヤモヤしたままの状態が続きます。

ヘタをすればストーカーと化してしまう程の執着心が生まれることもあります。

失ったことに対する不安・後悔

たとえ自分から別れを選んだとしても、その後が幸せでなく、あの時別れなければと後悔したり、思い出の品を見て楽しかった時のことを思い出し、喪失感で一杯になってしまったりするのは、自分に自信がなく心理的に相手に依存しがちな人がよく陥る心理です。

無駄な思いを断ち切ろう

思い出というのは、時が経つにつれて良いものだけが残り、さらにどんどん美化されてしまうという性質があります。

元カレを引きずる女性たちが頭の中で描くカレは、もう実際のカレとかけ離れた理想のカレに脳内変換されています。まずその点に気づいてください。

万が一、本当に素敵なカレだったとしても、二人は別れているのです。そもそも男性が本当に欲しいと思った女性、結婚したいと思った女性は決して手放しません。

「仕事が忙しいから」「疲れているから」「今は恋愛以外のことに集中したいから」という別れ際の言葉は、全て表向きの言い訳です。カレの本心は「もうお前でなくていい、他のヤツでも大丈夫」ということなのです。

それを受け入れるのはとても辛いことですが、次に進むためにもしっかりとこの現実を受け止めましょう。

そして、ぱあっと遊んだり、思い出の写真やメルアドを消去したり、女友達に慰めてもらったり、と一連の失恋昇華儀式を行った後は、さっぱりとした気持ちで、次の男性に目を向けてくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。