美容

働く女性の7割が気になっている、口臭・・・どうやってケアするの?

近い距離で人と話すとき、どうしても気になるのが自分の口臭。
あれ、この臭いってもしかして私…?と不安になる前に、お口のケアを始めましょう。

口臭ケアは、社会人としてのマナー

マスク
現在、「スメルハラスメント(スメル=臭い)」という言葉があるほど、口臭や体臭といったイヤな臭いに敏感な人が増えているようです。
医療品メーカーのエーザイは、23~44歳の有職者男女500名に対して、ビジネスシーンでの口臭に関する意識調査を実施。すると、次のような結果が出たのです!

<調査結果>

  • 女性の回答者のうち69%の人がビジネスシーンで「自分の口臭が気になった経験がある」と答えた。
  • 逆に「他人の口臭が気になった経験がある」という質問についても、女性のうち78%もの人が「ある」と回答。
  • しかし、口臭のする相手に対して実際にそれを指摘したことがある人は、男女を合わせてわずかに21%だけだった。

このように、職場でも口臭に関する問題が多くひそんでいることが分かりますよね?
しかし口臭はその人に悪気がないだけに注意しづらいもの。だからこそ、自分でしっかりと口臭ケアをして、周囲を気遣うことが必要なのです!

なぜ口臭がするの?

女性の口
口臭の原因には、生活習慣や病気によって起きるものがあります。まずは基本的な原因を知っておきましょう。

虫歯、歯周病、口内炎

虫歯になると強い痛みとともにイオウのような臭いが発生します。また歯周病(歯肉炎・歯周炎)や口内炎になると口臭がするのは、口のなかが清潔ではないから。
口臭の原因のほとんどが、こうした歯や歯肉による問題だといわれています。

食生活の乱れ

肉などの動物性タンパク質を中心とした食事を多く摂ると、消化に時間がかかり胃腸に負担を与えてしまいます。
胃腸に食べ物が長くとどまると食べ物の発酵が起きて悪臭が発生し、それが呼気として外に出てしまうのです。肉ばかりでなく、消化にやさしい食物繊維の含まれた野菜もしっかり食べましょう。

口のなかの乾燥(ドライマウス)

唾液には殺菌作用があり、口臭を抑えてくれる働きがあります。しかし、つい口を開けたまま口呼吸をしていたり、ストレスや緊張を感じたりすると唾液の分泌が少なくなり口臭が出やすくなります。

口のなかの汚れ

食事後に口のなかの食べカスを放置すると、それをエサにして細菌が増えてしまいます。それが歯垢となって歯の表面に付き、臭いの原因となります。
さらに歯垢を放置し続けると歯石となって石灰化し、歯みがきでは落ちにくくなってしまいます。

飲酒、喫煙、コーヒー

アルコールやタバコ、コーヒーには口臭を発生しやすくする作用があります。特に飲酒や喫煙は体臭の原因にもなるので要注意です!
飲み過ぎと吸い過ぎには気をつけましょう。

鼻やのどの病気

鼻の奥にある副鼻腔という部分に慢性的な炎症が起きたり、のどの扁桃腺に炎症が出たりすると、その部分が化膿して菌が増殖してしまうことがあります。
その結果、独特な臭いが発生し口臭となります。

胃腸の病気

胃腸に疾患があると、胃の内容物が腐ったり発酵したりして悪臭が発生し口臭となります。慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気が考えられます。
さて、あなたにも当てはまる原因がありましたか?ぜひセルフチェックをしてみてくださいね。

どんな口臭予防があるの?

じゃあ口のイヤな臭いって、どうしたら抑えられるのでしょう。自分でできる方法をいくつかご紹介します・

まずは口のなかを清潔にしよう

歯周病や虫歯は口臭の大きな原因です。しっかりと歯ブラシをして口の中を清潔に保ちましょう。
歯ブラシの毛先や歯間ブラシなどを使って1本ずつ丁寧にみがくことが大切です。
また舌の表面に食べカスなどが沈着することも口臭の原因になるので、舌の表面が白いなと思ったら、舌ブラシを使ってキレイにしておくと良いでしょう。

適度な水分補給

口が渇かないよう、しっかりと水分補給をして唾液の分泌が少なくならないようにしましょう。

口臭予防に効果的な食べ物を摂取する

ポリフェノールの含まれた緑茶やココア、ゴボウなどの食べ物や、アルカリ性食品の緑黄色野菜や梅干し、海藻類といった食べ物は口臭予防に効果的とされています。

鼻呼吸する

口のなかを乾燥させてしまう口呼吸はダメ!口は閉じて意識的に鼻呼吸するように心がけましょう。
やはり口のなかをキレイに保って、唾液の量を意識することが重要なようです。

口臭かも…そんな時には

女性の口
口臭を感じたら、次のような対処法を試してみるのも良いでしょう。
・舌を口のなかでゆっくりグルグルと回すと唾液の分泌を促すことができ、一時的に口臭を抑えてくれます。
・口臭予防の効果があるガムやスプレーを使いましょう。食べた後に歯みがきができない状況でも、そうしたものを活用することで口臭を抑制できるかもしれません。特にガムは唾液の分泌も促してくれるので便利ですよ。
・あまりに口臭がキツく、気になる場合は歯科や内科を受診しましょう。何かの病気の可能性もありますし、何よりひとりで悩まずに誰かに相談することが重要です。はっきりとした原因が分かれば気持ちも楽になるかもしれません。

お互いに清潔な口元を保てば、人とのコミュニケーションも自然と気持ちの良いものになるはず。まずは自分でできる口臭予防をはじめましょう!

-美容

Copyright© 30代独女の婚活~ピークをすぎた女たちのための婚活コラム~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.