美容

今から始めよう、夏バテに負けない体づくり!

夏は体力の落ちる季節。
うっかり夏バテでダウンしてしまわないように、今のうちから夏バテ対策を知っておきましょう!

夏バテの原因&症状

女性
夏が訪れると体調が悪くなる・・・まずはその原因と具体的な症状を探りましょう。

自律神経の乱れ

気温が高くなると、人の体は汗をかくなどして体温を逃がし、体温調節をしようとします。この働きをしてくれるのが自律神経です。
しかし冷房の効いた室内に入ったり、猛暑の屋外へ出たりを繰り返すと、それに対応しようとする自律神経に負担がかかってしまい、夏バテを引き起こしてしまうのです。
それによって体力が消耗され、ひどくなると食欲不振やめまい、頭痛が出ることもあります。

胃腸の働きの乱れ

実は自律神経が乱れると、胃の働きも悪くなってしまいます。この状態で冷たい食べ物や飲み物を摂取し過ぎると胃腸が弱ってしまい、胃痛や胃もたれを引き起こすことも。
それによってさらに疲労が溜まっていき、自律神経の働きも悪化してしまいます。

発汗異常による水分不足

汗をかくことで体内の熱を放出し体温調節をするということは、その汗の元となる水分を十分に補給しなければなりません。
もし水分不足になってしまうと、頭痛やむくみ、下痢など、さまざまな体の不調があらわれてしまいます。また、高温多湿の環境に長時間いると、発汗しても汗が蒸発しにくくなり、体温が下がらないこともあります。
これは夏バテだけでなく、熱中症を引き起こす可能性もあるので注意が必要です!

睡眠不足

夏場は、住宅が密集している都市部でヒートアイランド現象が起こりますし、ほとんどの家でエアコンを使うため窓を開けても室外機の熱風が来るだけ・・・これでは夜にぐっすりと眠ることはできません。
だんだんと疲労が溜まっていき、体の調子が悪くなってしまいます。
夏バテは、自律神経の乱れによるものが大きな原因とされています。体の疲労感やだるさ、食欲不振、むくみ、熱っぽさ、下痢や便秘といった症状が主にあらわれます。

夏バテ防止法~正しい水分補給編~

水分
それでは今度は、夏バテにならないための予防法をご紹介します!正しい夏バテ対策、あなたはきちんと知っていますか?
まずは正しい水分補給についてです。
しっかりと汗をかいて体温調節をするには、十分に水分補給をしなければいけません。夏場は1日に2~3リットルの汗をかくといわれていますので、それなりの水分量が必要になります。
しかしだからといって、冷たい飲み物を一気にガブ飲みしてしまうような行為はNGです!逆に胃腸が冷えて消化吸収が悪くなり、下痢や便秘といったトラブルを招くおそれがあるのです。
ですから正しい水分補給の仕方は、常温もしくは温かい飲み物を少しずつ飲むこと!1杯200mlほどの水を1日6~8回ぐらいに分けて、こまめに飲むのがおすすめです。
※注意

  • コーヒーやお茶などカフェインの含まれた飲み物は利尿作用があるので、飲み過ぎないようにしましょう。
  • 屋外での仕事や運動をする場合は大量の汗をかくので、スポーツドリンクの方が効果的に水分を吸収できます。ただしカロリーが高いので適度な量を摂取しましょう。

夏バテ防止法~正しい睡眠法編~

睡眠
次は睡眠不足にならないための、正しい睡眠方法について知りましょう。
熱帯夜だからといって、エアコンをつけっぱなしで寝てしまうのはダメです。睡眠中に体温が下がり、逆に体が疲れて調子が悪くなってしまいます。
そうならないように、寝る直前までエアコンをつけて室内を冷やしておくのが良いでしょう。そして寝るときになったらスイッチを切るか、タイマーを設定して寝ている途中でエアコンをオフにするのです。
どうしても寝付けない場合は氷まくらや冷却シートを使ったり、最近では暑さ対策に効果的な寝具なども販売されているので、そういった商品を活用したりするのも良い方法です。
またそれ以外にも、寝る前に入浴や半身浴をして体を温めると眠くなりやすいですし、就寝時間を早めにすることも1つの工夫です。
ぐっすりと眠れるような環境を整えることが大切です!

夏バテ防止法~正しい食事法編~

梅干しのおにぎり
最後は、食事から夏バテを予防する方法についてです。
夏バテの予防や解消に効果的な食事としては、ビタミンB1、B2、そしてクエン酸といった成分が有効とされています。
これらの成分には、疲労の原因である乳酸や脂肪を消費しエネルギーに変えてくれる働きがあるのです。

  • ビタミンB1、B2を多く含む食品→納豆、枝豆、豚肉、レバー、うなぎ、いわし など
  • クエン酸を多く含む食品→梅干、酢、グレープフルーツ、レモン、ゆず など

こうした食品を中心に、夏バテ防止の献立を考えてみてはいかかがでしょうか。
1日3食しっかりと食事をとることが理想ですが、どうしても食欲がないときは少しの量でも良いのでバランスのとれた食事をすることが大切です。
量より質を重要視しましょう!野菜ジュースやサプリメントで、ビタミンなどの栄養素を補給することも1つの方法ですよ。
夏は容赦なくあなたの体力を奪っていきます。そうなる前に、夏バテに負けない体づくりを始めましょう!

-美容

Copyright© 30代独女の婚活~ピークをすぎた女たちのための婚活コラム~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.