美容

溜まりすぎてない?ストレスがPMSを悪化させる

生理前になんとなく調子が悪くなったり、イライラするPMSをご存知ですか。
近年、女性の間でも少しづつ知られるようになってきたPMS-生理前症候群は人それぞれ症状の表れ方が違い、悩みも実に様々です。
しかし、「月によってPMSの症状の波がある」「先月はつらかった」「ある年齢になってから症状が重い」といったように急に症状がひどくなったと感じることも。一体これは何故でしょう。

毎月症状が違う・・・PMSは様々な症状が

悩む女性
PMSに悩む女性の方々は様々な症状で悩まれています。
頭痛、吐き気、腹痛、だるさ、浮遊感、のぼせた感じ、全身のむくみ、異常な眠気、不眠、体重増加、乳房や腹部の張り、肌荒れ、ニキビなど身体的なものからイライラする、悲観的になる、憂鬱、怒りっぽくなる、ぼーっとする、情緒不安定、集中力散漫、といった精神的な症状まで実に様々です。
ここに挙げたものだけでもあくまで一般的な多く見られる症状のうちの一つに過ぎず、症状にちついてはかなり細かく個人差があります。
PMS期間に入ると歯痛を感じる、唇にヘルペスができる、口内炎ができる、といった症状まであるほどです。
なんとなく風邪でもないのにだるい、体調が悪い、仕事に集中できない、あまり人に会いたくない、ちょっとしたことで悲しくなり涙が出る、といった症状を感じた後に生理がきたという経験をお持ちの女性もいらっしゃるでしょう。
これらの様々な症状は毎月同じように出る症状もあれば、「先月は頭痛がひどかったのに今月は頭痛じゃなくて吐き気がひどい」といったように症状の出方も変わります。
また、症状は複数組み合わせて出ることがほとんどでそのいくつかの症状の組み合わさり方が変わってくるために「毎月、生理前はとてもつらい」という女性が多いのです。
PMS症状は生理数日前に表われ、生理になるとこれらの症状がスーッと嘘のように消えることがほとんどと言われています。
が、実際はこれも個人差があり排卵前後からPMS症状が現われはじめる人や生理1週間前が嵐のようにひどい、という人、生理がはじまってもなかなか症状が消えないなどといった悩みもあります。

PMSを悪化させるストレス

出勤
PMSを悪化させる原因の一つがストレスと言われています。
PMSが現代病と表現されることがあるのは現代社会で女性も男性と同等に働くようになったことで、身体のサイクルとは無関係に仕事、家事、育児など様々なことをフルタイムでこなさなければならず、その結果、身体の悲鳴としてPMS(生理前症候群)という症状が強く現われるようになったとも言われています。
また、現代のスピード社会は身体も心も休むゆとりがなくストレスを溜め込んだままでいることも症状の悪化を強めていると言われています。
「なるべくストレスのない生活を」といっても現代において、ストレスを回避しながら生きるというのは難しいもの。
仕事上のストレスから人間関係、家庭問題、悩み、将来の不安、社会的不安など私たちの周りには常にストレスが張り付いてきます。これらを回避しながら生きるのはなかなか難しいものです。
また、こういった自覚的ストレス以外にも女性の身体はとても繊細ですから無自覚な状態でも身体はストレスを感じていることもあります。
例えば、引越しをして新しい環境に住みはじめた、就職した、転職した、進学したなど自分の身の回りの環境ががらりと変わった時に生理が遅れたり、不正出血を起こしたり、PMS症状が長引いてなかなか生理がこないといったこともあります。

ストレスと上手に付き合うには

ストレスを解消する、といっても「どう解消して良いのかわからない」という声も聞こえます。確かによく「自分なりにストレス解消をしましょう」と言われます。
そこで挙げられるのはスポーツだったり、カラオケで大声を出して歌う、といったことが挙げられています。
しかし、それらはあくまで一例に過ぎません。読書が好きな人であれば静かな部屋で延々本を読み、文字と向き合うのも十分ストレス解消になります。
買い物が好きな人であれば生理前、一つだけ自分がほしいと思っていた少し高価なものを購入して気分を上げるというのもありでしょう。
ただし、PMS症状が出始めると判断能力がにぶり、大してほしくもないものを買ってしまう、大量に買い物してしまうということが過去にある方は要注意です。
普段ダイエットで甘いものは食べない生活をしている方はPMS期間にケーキやパフェなどを1度だけご褒美として食べることでストレス解消になるでしょう。
アニメや映画を観るのが好きな方は好きな作品をひとりでずっと見るのもストレス解消になります。
女性
自分が好きだ、心地良いと感じることをできるだけしてみることでPMSのイライラが緩和されたり収まることがあります。
イライラしたり怒りっぽい、人に八つ当たりしてしまうといった傾向にある方はストレスがご自身が思われている以上に普段溜まっている可能性もあります。
できるだけ取り除けるストレス要因は日頃から避ける、或いは受け流して真剣に向き合わないようにするといったマインドコントロールも必要です。
特に真面目な人ほど仕事も家事もぴっちりこなそうと躍起になってしまいますが、PMS症状が出ている時は諦めも必要です。
「今はこんな時期だから普段通りできなくても仕方がない」と自分を許すことでストレスを蓄積することが回避できます。

-美容

Copyright© 30代独女の婚活~ピークをすぎた女たちのための婚活コラム~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.