美容

「おりもの」から、自分の健康状態を知ろう!

自分の「おりもの」のこと、みなさんはきちんと知っていますか?
不快に感じるだけのものだと思われがちですが、それは間違い。実はおりものの状態によって自分の健康が分かるのです!

おりものの基礎知識

女性
そもそも「おりもの」とは、子宮や膣などの分泌物が混ざり合った粘り気のある液体のことです。
細菌が膣から入ってくるのを防いだり、精子がスムーズに子宮に到達するのを手助けしたりする役割を担っています。
おりものに関する基礎知識をまとめたので、ぜひ知っておきましょう!

  • 色は無色透明から白が一般的です。
  • ニオイは少し酸っぱいニオイがします。膣のなかで乳酸が分泌されているためで、健康的なニオイとされています。
  • おりものの量や状態は周期に合わせて変化します。おりものの量は排卵期にもっとも増え、その後、生理前になると再び量が増えていきます。
  • 20、30代は女性ホルモンの分泌が盛んで、おりものの量も1番多い時期です。30、40代からおりものは減少し、閉経後にはもっと量が少なくなります。

女性であれば、おりものとの付き合いは長く続きます。こうした基礎知識はぜひ覚えておきましょう。

こんなおりもの、実は病気かも…

青いバラ
今度は、おりもので分かるさまざまな病気とその特徴についてご紹介します。私のおりもの、ちょっと変かも…と思ったら、それは病気のサインかもしれません!

淋菌感染症

おりものの特徴:黄色や黄緑っぽい色、悪臭がする。
淋菌という細菌によって起こる性感染症のことで、主に性行為などによって感染します。
感染後はおりものの量が増える、外陰部にかゆみを感じる、発熱といった程度の症状しか出ず、ほとんど自覚症状がありません。
もし妊娠中に淋菌に感染してしまうと、流産や早産、母子感染などを引き起こすことがあります。
母子感染してしまうと、産まれてきた赤ちゃんに結膜炎や角膜潰瘍といった疾患が現れ、最悪の場合は失明してしまうおそれがあります。

細菌性膣症

おりものの特徴:魚が腐ったような臭い、灰色で水っぽい。
これは膣内の環境が乱れることで引き起こされる病気で、決して性感染症ではありません。
通常、膣内は乳酸菌によって酸性に保たれていて他の菌が繁殖しないようになっています。
しかし膣の洗いすぎや疲労などの原因によって、そうした作用が崩れてしまい膣内で細菌が繁殖してしまうのです。感染すると外陰部に強いかゆみを感じます。

外陰膣カンジダ症、カンジダ性膣炎

おりものの特徴:白く、酒かすやヨーグルト状のもの。
疲労、ストレス、免疫力の低下などにより、膣内や外陰部にあるカンジダ菌が異常に繁殖してしまう病気です。
性器が腫れて強いかゆみを感じ、もし妊娠中に発症すると母子感染を招くおそれもあります。体調が回復するにつれて自然治癒することもありますが、症状が悪化したら治療することが必要です。

性器クラミジア感染症

おりものの特徴:あまり変化がない。たまに水っぽくなったり黄色っぽくなったりする。
クラミジアトラコマティスという原因菌によって発症する性感染症のことです。目立った症状が現れないため、感染に気づかないケースが多いです。
不妊の原因となるだけではなく、妊婦が感染してしまった場合には産道を通るときに赤ちゃんがクラミジアに感染し結膜炎や肺炎、鼻炎といった疾患にかかってしまうことがあります。

膣トリコモナス症

おりものの特徴:黄色っぽく、泡立った感じ。強い悪臭がする。
トリコモナスという寄生虫が膣に入り込むことで感染する性感染症です。性行為だけでなく、浴槽や便座を介して感染する場合もあります。
外陰部や膣に強いかゆみを感じます。妊娠中に感染すると細菌性膣症も合併しやすくなり、早産の原因にもなることがあります。

子宮頸管ポリープ

おりものの特徴:茶褐色や赤褐色、ピンクのような色。
子宮の入り口の部分に良性の腫瘍ができてしまう病気です。主な症状としては性行為のときや激しいスポーツの後、排便のときなどに出血があることです。
1度出産を経験した女性がなることが多いとされていますが、はっきりとした原因は分かっていません。腫瘍を切除して治療するのが一般的です。

子宮頸がん

おりものの特徴:茶褐色や赤褐色、ピンクのような色。
子宮の入り口付近にがんができることです。主に性行為をすることでHPV(ヒトパピローマウイルス)というウィルスに感染し、それが原因でがんが発症してしまうのです。
初期の子宮頸がんではほとんど症状は現れず、進行してくると性交時の出血や、不正出血(月経以外で出血がある)、下腹部の痛みといった症状が出てきます。
必ず予防ができる病気なので、定期的に健診を受け早期発見することが重要です!
こういった疾患が現れると、おりものの量も多くなる傾向にあります。早めにおりものの異常に気づくことが大切です。心配な症状があれば、すぐに婦人科を受診しましょう。

自分のおりものを知っておこう!

海辺の女性達
おりものは個人差が大きいものです。ですから、事前に自分のおりものの正常な状態を把握しておくことが重要です。
例えば、水分が多く白っぽいおりものは胃腸が弱っている証拠だったり、赤っぽくて臭いが強いときはストレスが溜まっているサインだったりします。
あらかじめ自分のおりものの状態をきちんと知っておけば、病気だけでなく、こうしたちょっとした体の不調にも気づくことができますよね。
おりものは、自分の健康状態を知らせてくれるバロメーター。ぜひ体調管理に役立ててください!

-美容

Copyright© 30代独女の婚活~ピークをすぎた女たちのための婚活コラム~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.