目指せ!パートナーの「青田買い」

男女

今まさに婚活を始めようとしているあなた。結婚相手を選ぶための条件は色々ありますが、どんな条件を選ぶかによって、結婚への道が遠のいてしまうことも。

「年収」にこだわるあまり、あなたはたくさんの相手を門前払いしていませんか?

スポンサードリンク

女性が結婚相手に求める条件とは?

20代、30代の、いわゆる結婚適齢期の女性が、結婚相手に求める条件として挙げる項目には、色んなものがあります。

例えば

  • 容姿:
  • ルックスがいいという意味もあるが、パーツの良し悪しとは別に清潔感のない人はNGという意見多数

  • 働いていること:
  • 経済的に安定していないと生活するのが大変、無職で結婚など甘いという意見も

  • 性格の良さ:
  • 穏やかで優しい、こちらの話をきちんと聞いてくれる人が人気。DVなど論外

  • 浮気・ギャンブル・借金:
  • あると結婚生活が破たんするのが目に見えるのでNGという意見多数

  • 愛情:
  • いくら収入が良くても、自分を愛してくれない人との結婚生活はムリ

その他、常識がある、価値観が一緒など、女性にとっては一生を左右するかもしれない問題なだけに、男性に突き付ける条件は様々かつ非常にシビアです。

もちろん女性が挙げる条件を全て満たす男性はそんなにいません。女性側もそれはわかっています。

ですので条件は条件として、女性たちは自分の中で「これだけは譲れない」ものを選んで他は妥協するのですが、どの条件を選ぶかによって、結婚できる・できないが左右される場合があります。

門前払いが独女をこじらせる

今まさに婚活を始めようとしている独女のあなた。

例えば結婚相談所の申し込みを行う際、「お相手の条件」を記入する欄が必ずあります。まああくまで理想の年収だし、それならと、世の女性が結婚相手に望む平均年収(約500万)を記入したとしましょう。

結婚相談所の場合、多数の会員の中から、会員が求めた条件に合う人をまずピックアップしますので、当然年収500万以下の人は選ばれません。顔も性格も見ないうちに、彼らは門前払いされてしまいます。

婚活パーティーでも、男性の職業や年収を限定しているものがあります。これも参加する、しないで女性側が男性を門前払いしているのと同じです。

効率よく相手を見つけるために、より条件が合う相手にしか会わせないという結婚相談所の方法は間違っていませんし、安定した生活を望んで高収入の男性を求める気持ちも分かります。

しかし、あなたが門前払いをした人の中には、今は違っても、将来高収入になる可能性がある人たちが、特に同世代の人たちにはたくさんいるはずです。

その人たちを門前払いすることで、結婚への道をより険しくするとは思いませんか?

賢い独女ならできる、有望な相手の「青田買い」

もし、相手を一生養う気がなければ、結婚の条件として「相手が働いていること」、これは必須条件です。結婚は紙切れ1枚でできますが、結婚生活はお金がないとできませんから。


しかし、きちんと働いていても、20~30代の男性の年収は平均で300万~400万程度。

年収500万を超える20代男性など、全体の2~5%しかいません。100人中2~3人しかいないハイスペックの男性には、当然ハイスペックの女性が集まり、ハイリスク・ハイリターンの争奪戦になるのは目に見えています。


あなたはそんな男性に選ばれる自信がありますか?自信があるならもちろん争奪戦に参加しましょう。

でも大半の女性は、そんな大それた事を望んでいるわけでなく、ただ優しい人に愛されて結婚できれば、と思っているのではないでしょうか?

それなら、「年収500万以上」を「真面目に働いている人」という条件に変えるだけで、かなり門戸は開けます。

青田買い」という言葉があります。

就職活動が解禁になる前に、優秀な学生に裏で手をまわして入社を約束させる(優秀な人材を早めにキープする)という意味なのですが、賢い独女の戦略として、あなたも将来有望な相手を「青田買い」してみませんか!

スポンサードリンク

コメントを残す