結婚願望はオブラートに包んで

結婚願望を持つ女

いくら婚活とは言っても、結婚願望をむき出しにした女性はコワイ!相手が草食系男子なら引かれてしまうことも。

30代女性の婚活に積極性は大事ですが、結婚願望を隠すコツを覚えて、男性をその気にさせましょう!

スポンサードリンク

婚活での一番の攻略者~草食系男子~

近年、「草食系男子」と呼ばれる男性が増えていると言われています。

「優しい」「穏やか」「争いが嫌い」などが彼らの特徴ですが、もう1つ、重要な特徴があります。

それは婚活中の女性たちにとっては「痛い」特徴。「恋愛に受身」であることです。

「30代女子は受身ではダメ!!」と色んな人が口をそろえて言う理由がここにあります。

草食系男子は女性を好きになったとしても、自分からアプローチしたり、告白したりしません。そんなことをして相手と気まずくなるくらいなら、諦めていいとまで思うくらいです。

これでもし女性が受身女子の代表「喪女」さんなら、結果はいつまでたっても「知り合い」か「お友達」。結婚どころか恋愛も始まらないでしょう。

ただし、草食系男子のように恋愛に受身であることは、攻略する側にとってみれば「積極的な攻めに弱い」ということ。

うまく攻めれば、最初は何とも思っていなかった相手をその気にさせることが可能です。そうやって仔羊のごとく肉食系女子に食べられていく草食系男子を私は何人も見てきましたよ。

対して肉食系男子は、本気になればさっさと狩り場に出かけて女性をGETしてしまいます。

よって、婚活の場に現れるのは、大抵草食系男子。ですから婚活の攻略=草食系男子の攻略となるのです。

草食男子は繊細なのです

さて、婚活においては草食系男子の攻略が必須であることは理解できたと思います。では積極的に攻めれば、どんな草食系男子も攻略できるのでしょうか?

答えはNOです。

30代女性には時間がありません。ですから「攻め」の姿勢は大事です。ですが、ガツガツと結婚願望をむき出しにして相手を攻めすぎると、草食系男子に門前払いされてしまいます。

草食系男子は、恋愛に関してとても繊細です。そしてマイペースで平和主義です。

人と争うことを嫌い、自分のペースで自分のできる範囲で行動しようとします。

そんな彼らに、まるで追い立てるように結婚!結婚!と騒ぐ女性は、彼らにとっては自分のペースを乱す「できれば関わり合いになりたくない相手」と認識されてしまうのです。

草食系男子は自分の気持ちを表に出さず、相手の意見を尊重しますから、彼らに嫌われていることが、最初のうちは分かりにくいのが難点です。

しかし、押しても押してもやんわり否定されるなら、もうそれは無理だということ。メールの着信拒否など最終手段に出られる前にきっぱりとあきらめましょう。

キバを隠して男性をGET

草食系男子に限らず、結婚願望をむき出しにした女性は敬遠されがちです。

結婚とは男性にとって「責任」であり、子どもと共に妻を一生養っていく「覚悟」が必要になるからです。

重大な決断を前に、ゆっくりじっくり考えたいのに、早く早くとせかされれば、誰だってイヤになります。

しかし重大な決断だからこそ、男性はあまり考えたくありません。できれば今のままがいい、というのが大半の男性の本音。だからこそ女性の一押しが必要なのです。

相手に引かれることなく、結婚したいという思いを伝えるコツは、男性が結婚について考える「きっかけ」を作ってあげることです。

女性が周囲の人の生活を見て「結婚したい」と思うのに対し、男性は将来の話をした時にそう思うのだとか。

つまり女性が家庭生活など継続した状態に憧れるのに対し、男性は5年後に自分の子どもと遊ぶ場面(瞬間)を想像した時、結婚を考えるそうなのです。

ですから、男性に「5年後」「10年後」の自分を連想させるような話題を振ってみましょう。

そこに家庭が出てこなければ、その男性には結婚願望がありません。

もし家庭を想像しているようなら、さりげなく、「そこに自分も入れたらなあ」と言ってみてはいかがでしょうか。草食系男子には、ちょっと勇気を出してボディタッチなどしながらね。

結婚願望というキバを隠すことくらい、天性の女優である皆さんならできますよ!!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。