そろそろ気づこう!アラサー女子の魅力

アラサー女子

30代女性の婚活は厳しい!それは事実です。しかし「若さ」はそんなに素晴らしいものですか?

20代を演じるアラサー女子の言動に、男性はドン引きしています。年齢を重ねることで得られる魅力をもっと前面に押し出しましょう

スポンサードリンク

「若さ至上主義」思想に洗脳されていませんか?

30代女性の婚活事情は厳しい。それは一度でも婚活に興味を持ち、真面目に活動している人ならば、誰もが認識していることです。

30歳を超えた独身女性が、「負け犬」なんて呼ばれることもありました。本当にただ結婚していないだけなのに、30代独女に対する風当たりはキツく、めげそうになる気持ち、よく分かります。

だからと言って…、

「若い」ということはそんなに素晴らしいことなのでしょうか?

出産年齢を考えれば、確かにそうかも知れません。年齢だけで20代、30代女性のどちらを結婚相手として選ぶ?と聞かれたら、男性の半数以上が20代を選ぶでしょう。

でも全員ではありません。

何にもできない妻を1から育てるよりも、ある程度人として完成していて、何も言わなくても何でもできる妻の方が良い、という人もいるのです。

それなのに、「若さ至上主義」の情報に踊らされ、はた目には痛々しい努力か、勘違いとしか思えないアラサー女性が何と多いことか…。

若さは婚活をする上で強力な武器ではありますが、相手が結婚を決意するリーサルウェポンではないのです。そこのところ、気づいていますか?

男性が思わず引く!アラサー女性の無理目な言動

例えば男はアラサー女性のどんな言動を見て、「無理してんな~」とドン引きするのでしょうか?

ファッション・メイクでは、

  • 濃いメイクやバシバシのつけまつげ、カラコンなど、若い女性に人気のメイクをまねている
  • ロリ系、フワフワ、ガーリーテイストの洋服やミニスカ、胸チラなど露出度の高い洋服を着る
  • 持ち物をキャラグッズでそろえる
  • 若い世代に人気のブランドバッグなどを持ち歩く

言葉遣いでは、

  • JK(女子高生、敢えて注釈)が好んで使うような流行語をまねる
  • 自分のことを「私」以外(例えば名前、僕など)で呼んでいる
  • 「アワワ,ヒョエ~」など、擬音語が多い

態度・行動では、

  • 自分には稀に見る才能がある、取得困難な資格も私なら簡単に取れるなど夢見がちな人生を送っている。あるいは逆に「どうせ自分は…」と自己肯定感が低い
  • 甘えたがる、恋愛依存症
  • 目が合えば、自分に気があると思い込み、アプローチ(色目を使う、ボディータッチする)を仕掛ける

周りの男たちが、痛々しい目であなたを見ていることに、大人としてそろそろ気づくべきではないでしょうか?

アラサー女子の魅力を再認識しよう

どんなに頑張ってみても、本当の意味で「若返る」ことはできません。そして年齢を重ねることで、得られる魅力もあるのです。

あなたの周りにも、10代の頃は全然目立っていなかったのに、アラサー世代になってから、なんか美人、なんか可愛い、と輝きだした人たちはいませんか?

逆に10代の頃は人目を引いていたのに、だんだん普通の人になっていく人も。

彼女たちの違いは、自分の年齢を受け入れて、それに見合った言動をしているかどうかの違いです。

アラサーになって輝く人たちのファッションは、年相応のものです。

それらのファッションはアラサー女子を一番引き立てるようデザインされているのですから、似合って当然です。

また彼女たちは他人に必要以上に依存しません。

今までの経験を糧に、仕事、言葉遣い、行動全てに自分を確立し、自信に満ちているので、他人に媚びへつらう必要もありませんし、薄っぺらい情報に踊らされ、言いなりになることもありません。

25歳までは、誰かにしてもらうばかりでも、誰かの言いなりでも構いませんが、それを超えたら、してもらうばかりでなく、誰かに何かを与えられる人になりましょう。

例えば男性には「癒し」や「安らぎ」を。そんなあなたを嫌う男はいませんよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。