居心地のよい「婚活女子会」に笑ってさよならしよう!

婚活女子

婚活の場で「群れる」女性たちに、結婚の未来はありません。お互いが依存し合う関係は、いざ誰かが抜け駆けしようものなら、全力で足を引っ張り合う関係に早変わり。

一人で飛び込む勇気を持って、婚活女子会に笑ってさようならしよう!

スポンサードリンク

婚活の場で見かける「群れる女性たち」

皆さんにはこんな経験がありませんか?

ある集まりに参加したところ、自分以外の参加者が以前からの友人同士で、話は盛り上がるものの、その内容は自分が知らないことばかり。

どう話に入っていけばよいのか分からずに、結局最後まで相槌しか打つことができなかった、という経験です。

誰でも、知らない人の輪の中に入っていくのは勇気が要ります。自分に話を振ってくれて、自然に輪の中に入れてくれる人がいると、どんなにかホッとするでしょう。

逆に、なじみのない人には目もくれず、仲間内だけに通じる話を大声でしゃべったり、笑ったりしている人は悪印象。その人とは仲良くなりたくない、そう思ってしまいますよね。

実は婚活の場でも、そんな風に固まってしゃべり、周りから距離を置かれている女性たちを時々見かけます。

彼女たちにしてみれば、初めての場に友達と一緒に行くことで、知らない人の輪の中に入っていく怖さを減らそうとしているのでしょう。

しかし一緒に参加して後は別行動ならまだしも、婚活パーティーのフリートークの時まで一緒にいる女性たちには、疑問を感じずにいられません。

群れる女性が結婚できない理由

友人は時にどん底の自分を救ってくれる、大切なものです。

思い出してください。学生の頃私たち女性は、トイレにすら友人と一緒に行っていましたよね。友情の証として文房具をお揃いで持ったり、どこに行くにも一緒でそれがまた楽しい。そんな時代があったと思います。

しかし、それはお互いの自我がまだ未成熟な故に許される行動であり、10代の頃ならともかく、30代の女性がそのような濃密な関係を他の女性たちと続けているのは、自我が未成熟だと周りに宣言しているようなものです。

お互い依存し合う関係はとてもラクだし楽しいので、一度ハマってしまうと、なかなか抜け出せません。

もっと最悪なのは、相手に依存するあまり、自分から離れていくのを恐れて、それを邪魔しようとする束縛的な関係になってしまうことです。

婚活に一緒に出かけ、結局誰にも相手にされず、甘い言葉でお互いを慰め合っているうちは問題ありませんが、誰か一人でも上手くいきそうになれば、全員で邪魔しにかかる。

あの人だけが幸せになるなんて許せない、という嫉妬はそれまでのいびつな愛情の裏返しです。依存心の強い関係は、裏を返せば足を引っ張り合う関係なのです。

怖くても一人で飛び込む勇気を

婚活の場に一人で出かけたことのない人にとって、初めての単独活動は、とても勇気がいるものだと思います。

しかし本気で結婚したいと思うなら、そろそろぬるま湯のような女友達との関係に終止符を打ち、自立心を持って戦いに赴くべきです。

男性は、一人で婚活に臨んでいる人がほとんどです。だからあなたと友人たちの親密な輪に入れないのです。一人になって初めて、あなたにも「自分でなんとかしなくちゃ」という強い思いが湧き上がるはずです。

その思いは、相手を自分のテリトリーに入れようとする努力、すなわち「隙」につながります。

「隙のある女性」は、ネットや情報誌でも散々書かれていますが、モテる女性の大きな特徴の1つなのです。

傷を舐め合い、根拠のない希望や楽観論に花を咲かせる婚活女子会の心地よさに、笑って「さようなら」できれば、あなたが理想のパートナーと出会う未来も、そう遠くないでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。