30代女子 結婚のためなら「逆ナン」もモチロンありです

逆ナンする女子

30代女子の婚活は超厳しい。草食系男子が増えた今、「いつか誰かが」と受け身でいたら、あっという間にアラフォーに。

もっと積極的に「狩り」をすべきです。

「逆ナン」のメリット・デメリットや「逆ナン」に見えない声のかけ方を伝授します。

スポンサードリンク

30代の婚活は貪欲に出会いを求めるべし

30代女子の婚活は超厳しい状況にあります。

仕事もそれなりに充実していて、旅行やエステなど、ちょっとリッチな遊びも一通り覚えて、ハタ目には何不自由ない暮らしをしているような女性でも、「独身・彼氏ナシ」だと微妙に同情されてしまうこの悲しさ。

やっぱり素敵なパートナーがいてこそ、プライベートも充実するのではないでしょうか。

しかし、恋愛に奥手な草食系男子(今は絶食系男子なんてのもいるらしい)が増加している今の日本で、「いつか誰かが私を誘ってくれる」なんて甘い夢を描いていたら、あっという間に30代後半、アラフォー世代に突入してしまいます。

30代女子は「狩られる」のではなく「狩りに行く」。これくらいの気持ちが必要です。

アラサー女子

結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティーなど、出会いを求める人たちのために、今は様々な婚活ツールが用意されているので、利用できるものはどんどん利用して、短期決戦を目指しましょう。

といっても、基本的な婚活ツールに頼っていては、何年も結果が出ないことも珍しくありません。

結果が出なくて焦りは募り、年をとってますます結婚できなくなる・・・こんな事態を避けるには、自分から動くしかありません。

そこで今回お伝えしたいのは、「逆ナン」という出会いの手段。

女子からのアプローチ「逆ナン」のメリット・デメリット

一般的に、「ナンパ」というと主に男性側からのお誘いを意味し、女性から声をかける場合は「逆ナン」といいますね。

男性でも「ナンパ」するには勇気がいるといわれるのに、「女性から声かけ?!無理無理!」と思うかも知れません。

しかしこの逆ナン、いい点もあるのです。

まず、「自分好みの男性に声をかけることができる」ことが1つ。

ナンパの場合、男性が女性を選ぶので、好みの男性から声がかけるかどうかは分かりません。

しかし、逆ナンなら100%自分の好みを優先できます。もちろん相手が自分を好むかは不明ですが。

もう1つ、「自分のタイミングで事を運べる」ことです。

場所や時間、最初の声かけから次の会話など、1人で、あるいは友人とであらかじめ計画を立てることができます。

草食系男子は主導権を握るのが苦手なので、女性側がリードする逆ナンには、むしろほっとするのではないでしょうか。

もちろんデメリットもあります。

逆ナンの欠点は「軽く見られる」この点に尽きます。ナンパ師のイメージが「チャラい・遊び人」なのと同じです。

「逆ナン」と思われない自然な出会いを演出する声のかけ方

軽く見られるのはイヤだけど、好みの男性とは知り合いになりたい。ではどうすればいいのでしょうか?

答えは、逆ナンと相手に気づかれないようにすることです。

「今暇ですか?」なんてあからさまに声をかけたって、誘いに乗ってくるのは体目当ての男性だけです。

いや、30代女子では、それすら釣れない可能性があります。

30代女子なら、もっと巧妙に罠にはめちゃいましょう。いくつかのテクニックを紹介します。

声をかけずにいられない状況をつくる

目の前で物を落とす、高いところにある商品を取ろうとするなど、男性がどうしても声をかけてしまう状況をつくります。

これを無視したら人間性が疑われるくらいの状況を作り出せば、ほとんどの男性は声をかけてくるでしょう。

これをスルーする男性はもともと婚活対象にしてはいけない男性です。

予定通り声をかけられたら、感謝の気持ちを伝え「今度、お礼をしたいから」と連絡先を聞くなんて流れができます。これに引っかかる男性は、「いい人」。

ぜひ、この出会いを大切にしてくださいね。

話をしたことがない「知り合い」になる

電車やよく行くコンビニなどで、よく見かけるなあという人いませんか?

何度も見かける人には、自然と親近感がわくもの。これをうまく利用し、気になる男性にとって「よく見かける人」になるようにします。

わざとらしいアピールはNG。それではよく見かける変な人になってしまいます。

女性
タイミングを見計らって、話しかけてみましょう。店員さんなら商品に関する質問でもいいでしょう。

その後の会話が成り立てば、単純に「よく会いますね」でもOK。

これは、ごく自然な出会いの演出がポイントで、とにかく声をかけるまで時間がかける方法です。

難易度大!人違いを装う

「あれ、XX君?久しぶり」とあたかも誰かと間違えて声をかけたような振りをします。

もちろん間違いを指摘されますが、それを話のきっかけにすることはできます。

女性
この方法の難易度が高いというのは「久しぶり!」と異性に声をかける女性は尻軽とも捉えられかねない点。

声の調子やしぐさなど、尻軽と思われない演技力が必要です。

また、話しかけるタイミングを間違うと、予想以上に冷たい反応が返ってくることもあります。

さらに、もしこれをきっかけにお付き合いできても、「あの時、誰と間違ったの?」と人違いのもととなった人の写真などを求められる可能性があります。

リスクは高いですが、「違います」など必ず返答が返ってくる方法です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。