三十路バリキャリ女の反撃!?「ツンデレ」で相手をGET!

三十路女

バリバリ仕事をこなす30代キャリアウーマンの婚活は厳しい。なぜなら仕事ではプラスの「しっかり者」のイメージが、婚活ではマイナスの「近寄りがたい」に変換されるから。

そんなあなたに絶対効く「ツンデレ」作戦で理想の相手をGET!

スポンサードリンク

30代独身キャリア女性が男性に敬遠される理由 

女性の社会進出に伴い、日本は晩婚化が進んでいます。


平年24年の人口動態統計調査では、晩婚化が最も進む東京都での平均初婚年齢が30.3才、最も低い福島県でも28.1才となっています。


今や30代独身のキャリアウーマンは、都市部では珍しくありません。仕事も男性並みにバリバリこなし、年収も男性並みのバリキャリ女性たち。

彼女たちの中には、一生独身でもOKという人もいますが、やはりどこかで結婚したい!と思っている人の方が多いのではないでしょうか?

いわゆる「婚活」ブームが2007年に巻き起こって以来、積極的な婚活は隠すべきことではなくなりました。理想の相手と結婚するために、日々努力している方も多いと思います。

しかし、婚活の場において、どうも30代キャリアウーマンというのは敬遠されているようなのです。

終身雇用制度が崩壊し、男性の年収も過去のようには上昇しなくなった今、女性の年収を当てにする男性がいてもいいと思います。

しかし、一般的な男性が結婚相手に求めるものは未だ「思いやり」や「癒やし」であり、一見そういうものの対局にいるようなキャリアウーマンには近づき難いものを感じているようです。

ピンチをチャンスに変えよう。ツンデレの魅力

どうしても、しっかり者でスキがないように見え、男性から敬遠されがちなバリキャリ三十路女

仕事のためにやむなく身に付けていた「デキル女」の鎧は、長いキャリアの中ですっかり体になじみ、もう簡単には脱ぐことができません。

しかしそのままでは淋しい「おひとりさま」人生が待つばかり。やはりここは仕事と同様、効率的に攻めるべきです。

バリキャリのあなただからできる、ぴったりの「攻め」方があります。

それは「ツンデレ」。

皆の前ではビシっと決めて、ツンツンと近づきがたい雰囲気を持っているのに、いざ恋人と二人きりになると、途端にデレ~っと甘えん坊になってしまう、あれです。

何故ツンデレがモテるのか?それは男性が「意外性」を好むからと言われています。

自分だけに見せる、日頃気の強い彼女の本心や笑顔は、男性の保護欲をかき立て、メロメロにしてしまう効果があるようです。

会社ではツンばかりが目立つあなた。男性の前でだけでも(もちろん気に入った相手だけでOK)「意外性」を演出してみませんか?

三十路女のツンデレ演出方法

婚活の場では、自分が好きになれそうな相手を探すことも大切ですが、せっかく選んだ相手に好かれないと、その思いは一方通行になってしまいます。

また、できれば複数のお相手の中から、結婚相手を選びたいですよね。

そんなあなたに、婚活やお見合いでの「意外性」演出方法をお教えします。

1.自分のイメージを調査する

バリキャリのあなたのイメージは、もちろん「しっかり者」だとは思いますが、友達などに、他にも自分に対する印象を聞いてみましょう。

意外なイメージを持たれているかも知れません。

2.イメージとは真逆の要素を取り入れる

自分のイメージがわかったら、それとは対極の要素を取り入れてみましょう。

  • 男っぽいイメージの人なら、可愛いグッズを持ってみる
  • 男性が好む女性的なゆるふわファッションなどを取り入れてみる
  • 大人しそうなイメージなら実はアクティブな趣味を持ってみる

など、振り幅が大きい程、相手に与える印象は強くなります。

ただし1つ注意、取り入れる要素はあくまでプラスのものであること。

真面目そうに見えて実は浮気性、などマイナスイメージのものだと逆効果になるので絶対にNGです。

これも理想の結婚相手を見つけるための自分磨きだと思って、頑張ってみましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す