婚活対象者の条件から「年齢」をはずすと、こんなにチャンスが広がる!

シングルベッド

10代の頃は条件なんか気にすることもなかったのに、30代婚活中の今は出会いもまず条件から。

そんなに条件ばかりを気にしてると出会いすらなくなります。年齢という条件をはずせば候補は増えるし、内面的な良さを見て結婚できますよ。

スポンサードリンク

婚活は「外面的」な条件でしかお相手を探せません

結婚相談所でも婚活パーティーでも、婚活目的のイベントには、必ずと言っていいほど参加条件があります。

「独身であること」はもちろんですが、職業、年収、年齢、最終学歴等々、費用が高額になればなるほど身上調査も厳しくなり、極端な話条件を満たしていなければ入会すらできない結婚相談所もあるくらいです。

そんな中で、私たち30代女子は婚活をしていかなければなりません。

女性
どこに行ってもまず年収や学歴など「外面的」な条件ばかりを聞かれ、男性から品定めされるため、こちらもお相手を選ぶ際、「外面的」な条件を判断基準にしてしまいがちです。

「年収は500万円以上ないと」とか「年齢は30代でなくちゃ」とか「都内に住む次男が希望」とかね。

10代の頃のあなたは、そんな条件で人を好きになっていましたか?好きに条件は関係ないですよね。

外面的なものとして「イケメン」くらいはあったかもしれませんが、部活に真剣に取り組む姿が素敵とか、優しくて頼り甲斐があるとか、面白いなど、そんな「内面的」なものの方が重要だったはずです。

30代女子は寄り道している時間がないからしょうがないじゃん、とあなたは言うかもしれませんが、条件ばかりを気にしていたら、出会える人にも出会えなくなってしまいますよ

待つ女性

1つ1つの条件は高望みでなくとも、全部を満たす独身男性はこの世にいないと心得よ

今ドキ30代女性が相手に求める条件は、「三平」と言って決してバブルの頃の「三高(高収入・高学歴・高身長)」のように高飛車ではありません。

「平均的な年収・平均的な容姿・平穏な性格」、これで満足するというのだから、ある意味奥ゆかしいものです。

しかしですよ、平均的年収だけなら多くの人が該当しても、それで容姿もまあまあ、性格も良いと条件を3つ重ねると、結局結構厳しい条件になってしまいます。

そんな30代男性は既に結婚済で、婚活市場には流れてきません

理想の相手の条件ならば、いくつも出てくると思います。

女性
しかし、自分は婚活市場であまりがちなアラサー女子。

そのため、自分の理想からワンランク下あたりの条件を出して、妥協しながら婚活しているのにうまくいかないと思っていませんか?

確かに1つ1つの条件は、それほど高望みではないかもしれません。

しかし、条件Aor条件Bならば当てはまる人が多くても、条件Aand条件Bとなったとき、該当する男性はいなくなるくらいの厳しい現実を知っておきましょう。

自分にとって絶対譲れない条件を1つ、あるいは2つだけ残し、後は捨ててしまいましょう。

相手がたまたま捨てた条件に該当していたら、ラッキーだったと喜ぶくらいでちょうどいいのです。

年齢を気にせず、多くの人と出会って、その中で一番の人と結婚するのが理想

自分にとって、何が一番譲れない条件かを真剣に考えてみてください。

結婚はゴールではなく2人での生活のスタートです

生活を考えると、「年収」つまり経済的な安定はなかなか捨てられないと思います。

女性
バリバリ稼ぎ、何なら男性を養ってもいいと考える女性もいますが、現代の日本はまだまだ仕事において女性の地位が低く、出産・子育てなどを考えると、どうしてもある程度は男性の収入に頼らざるを得ません。

では年収のみを条件とした場合、婚活状況はどう変わるでしょう?

そうです、出会いの幅がぐっと広がります。なぜなら、これまで年齢で条件外としてはずされていた男性たちが、新に加わるからです。

特に年収の高い40代、50代の男性がターゲットとなる可能性が高くなります。対象人数が増えることにより、相手を選ぶ余地が生まれます。性格が合うか、会話が弾むかなど、その人自身を見て決めることができます。

結婚後もずっと2人でいるために、内面を見ることがとても大切なのは、あなたもお分かりですよね。

一緒にいて居心地がよく年収の条件を満たしている男性を、年齢だけで対象外としてしまうのはもったいないと思いませんか?

年齢を気にせず、多くの人と出会って、その中で一番自分に合う人と結婚する。これこそ婚活の理想ではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。