婚活初心者さんは、まず資料請求から初めてみよう!

女性

結婚はタイミング。「結婚したい」と思った時が、その時なのです。

しかし30代のあなたが、今までと同じ生活を送っていても、結婚相手に巡り合うはずもありません。

様々なタイプの「婚活サービス」を利用して、ぜひ「婚活」を始めましょう!

スポンサードリンク

「結婚したい」と思った時が、婚活を始めるタイミング

この文章を読んでいるあなたは、仕事や遊びに夢中になっている間に20代が終了。

女性
30代になり余裕ができて振り返ってみると、友達の半分以上は結婚して、中には子どもまでいる人なんかもいたりして、ちょっと焦りを感じているのではないでしょうか?

仕事や遊びに全力投球していた自分を否定する必要は全然ないのに、「私ってもしかして間違ってた?」なんて後悔していませんか?

大丈夫!あなたは間違っていませんよ

例えば「30歳までに結婚する!」なんて目標で今まで生きてきたなら別ですが、結婚にはタイミングがあって、どんなにモテ人生を送っていようが、どんなに喪女的生活を送っていようが、結婚する人はするし、しない人はしないんです。

そして、結婚したい!と思った時が、そのタイミングなのだと思います。

女性
これまで、人に後ろ指をさされるような生き方をしてきたのですか?

そうでないなら、成功でも失敗でも今までの経験がなければ、今のあなたはいません。

胸を張っていましょう。しかし、一方で「今までのような生活では結婚などできない」ということも分かったはずです。

今までとは違う行動を起こさなければ、いつまでもこのままです。

さあ、婚活を始めてみませんか?

婚活サービスにはこんなタイプがあります

さて、婚活を始めようと決心したあなたですが、まず何をどうすれば「婚活」なのか分からない、なんてことはありませんか?

女性

合コンなら今までだってしてきたし、結婚相談所に入会すればいいの?

そんな疑問を持つあなたには、ぜひ結婚相談所も含め、色々な婚活サービスの検討をおすすめします。

婚活サービスには、アドバイザーと対面する「結婚相談所」の他に、インターネットだけで完結する「ネット婚活」、婚活パーティー、街コンなどの「パーティー婚活」などがあります。

それぞれの特徴は、

結婚相談所タイプ 費用は最も高いが、成婚率も最も高い。
アドバイザーが手助けをしてくれる。
ネット婚活タイプ 結婚相談所でデータをマッチングしてもらうと費用が高くなる。
低額・無料のものは本気度が低い会員もいる。
全国の相手とやり取りできる。
ネットだけで完結が基本。
パーティータイプ 費用は最も安いが、自分をアピールするコミュ力が必要。
結婚に真剣でない人やサクラが混じっている可能性も。

という感じです。

あなたにとって始めやすそうなものはありましたか?

心配・不安があるなら、まずは資料請求から始めてみよう

さて、婚活サービスにもいくつか種類があることを分かっていただけたかと思います。

では、次のステップに進みましょう。

女性
例えば「結婚相談所タイプ」にしよう!と決めたとして、全国展開している大手から地域密着の小規模のものまで、それこそ山のようにある業者の中から、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を選ばなくてはなりません。

どうやって選べばいいのでしょうか?

大手や友達の紹介、近所や目に入ったところを選ぶのは簡単なこと。

しかし、結婚相談所は入会している会員同士の結婚をサポートするサービスなので、どのような人が入会しているか、どのようなサポートがあるかが非常に重要です。

希望に合った会員がいない結婚相談所に入会しては、費用が掛かるばかりですから。

どの婚活サービスに登録するか、探す方法の一つに、無料会員として登録する方法があります。

一部の婚活サービスでは、メールアドレス、あるいはFacebookのアカウントなどを登録することにより、無料会員としてサービスの一部を利用できるものがあります。

ただし、相手に連絡を取りたい場合は、有料会員登録が必要になることが多いです。

じっくり見比べたい人には、資料請求がおすすめです。

ホームページや電話で資料請求をすると、郵送で詳しい資料を送ってもらえます。

特に、結婚相談所は費用負担を軽視できませんので、費用や会員数、サービス内容などをしっかり比較検討したうえで決めたいですね。

参考:各結婚情報サービスの資料請求画面
ツヴァイパートナーエージェント楽天オーネット

参考:楽天オーネット > 結婚チャンステスト
参考:楽天オーネット > 無料体験・カウンセリング予約

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。