歳の差婚も考えてみましょう 子どもがほしい?夫婦二人でもよい?

夫婦の足

女性の出産適齢期は20~35歳まで。

結婚=子どもなら時間とターゲットがおのずと絞られてしまいますが、結婚=子どもじゃないなら歳の差婚を狙うのもアリかも。

スポンサードリンク

女性も男性も、「出産適齢期」は20~35歳までなのです

出産適齢期」という言葉を聞いたことがありますか?

母体にも赤ちゃんにも、妊娠・出産に一番いい時期が出産適齢期で、最も健康的に妊娠・出産できる年齢といわれています。
女性
一般的に言われている女性の出産適齢期は、20~35歳。

歌手の誰それは50歳で妊娠したとか、芸能人の誰それは45歳で出産したという話題がメディアで取り上げられ、一見、35歳を過ぎても妊娠・出産に問題ないと誤解してしまいそうです。

しかし、35歳を過ぎるとさまざまなデータから明らかなように、妊娠しにくくなり出産後も問題を抱えるケースが増します。

もし、母子ともに目立った問題がなくても、35歳を過ぎた身体で赤ちゃんのお世話をするのは体力的にキツイといわざるを得ません。

ここまでは、女性の話。では男性はどうなのでしょう。

実は、男性にも出産適齢期というのがあるのだそう。

男性の出産適齢期も女性とほぼ同じ20~35歳程度で、この期間を逃すと健全な精子が作りにくくなり、不妊の原因になることがあります。

また、女性の場合と同様に、男性も35歳を過ぎると赤ちゃんに先天性病の発症リスクが高くなってしまうそうです。

結婚後の妊娠・出産を考えるならば、自分の年齢だけでなく、パートナーの年齢も大切になります。

あなたの気持ちは「結婚=子どもを産む」ですか?

ここで考えてほしいのは、あなたの結婚したい気持ちについてです。

女性
「結婚=子どもを産む」という気持ちがあるのか否かをちょっと考えてみましょう。

パートナーを見つけてから子どものことを考えればいいと思うかもしれませんが、結婚適齢期と出産適齢期という二つの期限が目前に迫っている場合、悠長な考えは後悔のもととなりかねません。

妊娠・出産を視野に入れず婚活することは、一見すると対象年齢が広がり、結婚の機会が増えると思うかもしれませんが、相手を絞り切れずに出産も結婚も逃してしまう可能性があります。

さらに、「結婚したいなあ。子どももできたらいいなあ。」と漠然とした発想での婚活は、男性にも見破られてしまいます。

男性が若い女性に惹かれるのは、本能的に種を残す、つまり元気な赤ちゃんを産んでくれる女性に惹かれるのが一因といわれています。

もし、あなたが「結婚して子どもがほしい」と思うならば、出産適齢期にある男性で、子どもがほしいという思いを共有できる数少ない男性をターゲットに婚活しなければなりません。

アラサーのあなたには、男性が子どもがほしくなるのをじっくり待つ時間は残されていないはずです。

ギアを切り替えて婚活に励みましょう。

子どもがほしくないなら、歳の差婚もアリ

年の差カップル

あなたの気持ちが「結婚=子どもを産む」でないなら、これはこれで結婚できる確率は高まります。

35歳までにとあせる必要が1つなくなるからです。

女性
妊娠・出産を望まなければ歳の差婚でも構わなくなりますので、競争率の高い20~30代男性に固執する必要がありません。

異性への年齢制限をなくすことで、対象範囲が広がり結婚のチャンスが増えるでしょう。

年齢を考えるならば、年上男性がねらい目です。40代、50代の相手にとってはあなたはまだまだ若い女性。

きっと大切にしてくれるでしょう。

さらに、年齢が上がるほど収入が上がる傾向にありますので、結婚後は安定した生活も期待できそうですよ。

本気で歳の差婚、考えてみませんか?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。