同性から嫌われてもモテる女になる!これが婚活勝利の秘訣

ブリッ子女性

同性に嫌われるタイプ1,2位を争う「ぶりっ子」。でもわざとらしい演技なのに、コロっとだまされる男性がいるのも事実。

ぶりっ子の特徴的な仕草や表情を調べたら、婚活に活用できる秘訣が一杯!ぜひお目当ての男性へ使ってみよう!

スポンサードリンク

同性に嫌われる「ぶりっ子」の特徴は?

「ぶりっ子」という言葉が、今の中高生に通用するのかは知りませんが、私たちアラサー世代で「ぶりっ子」と言えば、同性に嫌われるタイプとしては1,2を争うほどの「嫌われ者」ですよね。

そもそも「ぶりっ子」という言葉は、今から40年ほど前に「男性の前で、可愛い女の子のふりをする」女性のことを「かわいこぶりっ子」という言葉で表現したのが始まりだと言われています。

ブリッコ女性

では、女性(あるいは男性も)はどんな表情や仕草を「ぶりっ子」だと思っているのでしょうか?

<表情編>

  • 怒った時に頬をプクっと膨らませる
  • 小首をかしげて上目遣いで相手を見る
  • 舌を出す
  • アヒル口をする
    <仕草編>

    • 常に身体をくねくねとさせる
    • やたらボディタッチをする
    <言葉遣い編>

    • 自分のことを言う時、「私は」ではなく自分の名前「XX子は」と言う
    • 語尾や語と語の間を伸ばして話す「〇〇は~」「わかんな~い」
    <身だしなみ編>

    • 少女趣味(ピンク・ヒラヒラレース・リボン)なものが大好き

    「さすがにそんなヤツはいないでしょ!」と突っ込みたくなる特徴もありますが、大体こんな感じではないでしょうか?

    そして究極の特徴が、これらのことを、男性の前でだけする。これでは同性に嫌われて当然ですね。

    だまされる男が悪いのか、だます女が悪いのか?

    しかし、同性にことごとく嫌われても、「ぶりっ子」の女性が、実際に彼氏をGETし、結婚にこぎつけた話が山ほどあるのも事実です。

    同性から見ると「なんであんな女に簡単にだまされるんだろう」とあきれてしまうようなベタな演技?に何故か食いつく男性がいる悔しさ!

    ブリッコ女性

    残念ながら「ぶりっ子」の演技には、確かに男性を虜にする何かがあるのです。

    それは何か?

    それは、ぶりっ子の仕草や表情が、男性が求める女性の「素直・優しさ・癒し」をより強調できるからです。

    彼女たちの仕草や表情は「幼い女の子」を彷彿とさせます。

    幼い女の子は無垢であり、素直であり、男性の保護欲をかな~り刺激します。

    女性
    小さくて可愛い女の子を「可愛い」と思う気持ちは女性にもありますよね。

    彼女たちはそれを良く分かっているから、男性に対しその部分をよりアピールすることで気に入られようとしているのです。

    やり方は卑怯と言われるかも知れませんが、男性にモテるために努力を惜しまない、という意味ではある意味正しい攻め方ではないでしょうか?

    だまされる男がいるから、だます女も跡を絶たないのです。

    婚活はお目当ての男性を多くの女性たちと争うバトルです

    婚活は多くの女性たちとお目当ての男性を争うバトルです。

    そのために必要ならば、いくらでも演技しようじゃありませんか。

    「ぶりっ子」と言われようとも、好きな人に振り向いてもらえるならと割り切って、大胆に、そして細心の注意を払って「ぶりっ子」になりましょう。

    女性
    例えば、彼の意見を好意的に扱うことで、彼もあなたに好意を持つでしょう。

    あなたのコロコロと変わる表情に、彼は一緒にいて楽しいと感じるでしょう。

    そしていつも笑顔でいるあなたに彼は癒され、いつもはしっかりしたあなたが、たまに失敗して天然ボケぶりを発揮したり、ふいに甘えたりすれば、彼は守ってあげたいと思うでしょう。

    彼が何かで悩んでいる時、そっと寄り添うように甘えさせてあげれば、もう彼はあなたの虜です。

    本当のあなたは、彼の心を完全にGETしてから徐々に見せていけばいいのです。

    もちろん一生バレないようにすることだって、女性なら可能なのです。

    私は女優、これは仕事、と割り切れることができるのが女性というものですからね。

    最後に、医師や公務員などハイスペックの男性に限って、ぶりっ子に弱い傾向があるとか

    これまで、「ぶりっ子」にいら立ちを覚えていたかもしれませんが、婚活バトルを勝ち抜くため、少しでも参考にしてみてはいかがでしょうか。

    スポンサードリンク

    コメントは受け付けていません。