メールやLINEで喪女卒業

携帯電話と女性

今やメイクやファッションで、誰もが可愛く・美しくなれる時代。それなのに、モテる女性とモテない女性がいて、婚活でもすぐに結果を出す人とそうでない人がいる現実。

何故かモテない喪女必見!メールやLINEで婚活に勝利する方法をお教えします。

スポンサードリンク

あなたの恋愛テクニック、間違っていませんか?

独身を長く続けている女性を揶揄する言葉には「負け犬・喪女・独女」など色々ありますが、その中で「喪女」は、彼氏いない歴=年齢のような、恋愛に疎い独身女性を表す言葉だそうです。

今の世の中、メイクやファッションのテクニックは格段に進歩し、誰もがそこそこ可愛く・美人になれる時代。会った瞬間に「あーこの人は無理だろうな」と思わずにはいられない、とんでもない女性を見かけることはほとんどありません。

皆同じように、可愛く・美しいのに、何故モテる女性とモテない女性に別れてしまうのでしょうか?

婚活の場でもそれは同じです。容姿も同じくらい、年齢も一緒なのに、婚活を始めてすぐに相手をGETする人と、何度挑戦してもうまくいかない人がいる現実。

モテる側の女性に聞いても「特別なことはしてない」と彼女たちは答えます。しかし結果が違うということは、どこかに必ず原因があるのです。

もしかしてあなたに恋愛経験がないのは、そのせいではないでしょうか?

♥関連記事:「負け犬」ブランドを捨てよう!
♥関連記事:喪女からの脱却
♥関連記事:「独女」にさよならしたいなら

喪女は出会いを「ムダ」にしている?!

恋愛勝利者と敗者の違いは、相手の好みやタイミングなど様々な要因で決まるため、普通の女性なら、一度くらいは敗者となることがあっても、相手が変われば勝者となったりと、勝敗の確率は半々のはずです。

しかし恋愛バトルで一度も勝利したことがない人や、過去を振りかえってみて明らかに負けることが多かった人の場合、その人自身に原因があることが多いです。

そんな人たちには、1つの共通点があります。それは「出会いをムダにしている」こと。

人として社会と関わって生きているなら、節目節目に必ず新しい出会いがあります。入学、卒業、入社、転職、大きな節目だけでもこんなにあり、例えば合コン、趣味のサークルなど、小さな出会いなら自分から作り出すことさえ可能です。

そこで出会った人と恋愛関係に発展するかは自分次第。いいな、と思う人にせっかく出会っても、何のアクションも起こさなければ、ただの知り合いで終わってしまいます。

昔なら電話や手紙で伝えた思いは、今メールやLINEでより気軽に伝えることができます。今まで出会いをムダにしていた喪女の皆さん、これらのツールをうまく使って、もう一度出会いにチャレンジしてみませんか?

30代喪女が婚活で成功するメール利用法

では、30代喪女が陥りやすいメールの失敗例と改善例をさくっとご紹介。

コンパなどで新しく男性のアドレスをGETしたとします。そこでのNGな行動は以下の通り、

  • コンパ終了後、すぐにメールを返さない
  • →楽しかったです、また行きましょうね!の一言があるのとないのとでは大違い

  • メールの文章がテンプレ
  • →誰にでも同じメールをしていると思われないよう、ヘタでも自分の言葉で返す

  • 相手から来たメールの返信が遅い
  • →次につなげたい場合、短くてもいいのですぐに返信すると、相手の印象もUP

  • フランクすぎるメール
  • →相手が初対面だった場合、馴れ馴れしいと思われない程度に距離感を保ったメールの方が好印象

  • 誤字脱字、相手の名前を間違える
    →最低限の礼儀だが、結構やらかす人が多い。笑い話にしてくれるのは友人だけなので、最低一度は送信前に読み返そう

  • 暗いメール
  • →人生相談的なメールは親しくなってから。最初は軽く、明るく、相手に重荷だと思わせない

婚活などで、SNSを使用する場合も、プロフィール欄には写真を入れたり、定期的に更新したり、充実した内容にすると、問い合わせの件数が格段に増えるそうです。

こまめにメールやLINEをチェックし、きちんと返事をすることで、ライバルに差を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。