スキルアップが婚活成功への鍵!

キャリアウーマン

30代女性の婚活事情は苦しいもの。しかし仕事のデキる女性は婚活でもその力を発揮します。

スケジュール管理能力、マネジメント力、仕事で必要なスキルは家庭生活でも多いに役立ちます。完成された魅力で婚活に勝利しましょう!

スポンサードリンク

30代女性の婚活における市場価値

30代女性の婚活事情は、大変苦しいと言われています。今や初婚年齢が男性31.1歳、女性29.4歳(2014年)にまで上昇し、周りを見渡しても独身30代女性などさして珍しくはないのですが、婚活の場においては、30代女性が余っている状況です。

理由は男性側、女性側両方にあります。

男性側の理由としては、婚活市場でメインとなる20代~30代前半の男性が、求めている女性の年齢が20代であること。

婚活はあくまで自分の希望にあった相手を探す場所であり、出会う前に相手の条件を決めることがほとんどなので、やはり「若さ」を求めてしまうのが男性の性のようです。

女性側の理由としては、妥協を嫌い、相手に条件を求めすぎること。よく聞くのが「年収500万の壁」。年収500万以上の適齢期の男性など、この不景気のご時世には全体の1、2割程度。

さらに30代男性だと、そのうちの半数は既に結婚済!となると、GETするのは容易ではありません。

それなのに、まだこの現実を分かっていない女性が実に多いのです。そして高すぎる理想を求めた結果、多くの30代女性が市場にあぶれることになるのです。

自分の市場価値を上げよう

30代女性の結婚への道は険しいのか…と落胆しているあなた。確かにデータ的にはそうなのですが、そんな中でも着々と結婚している30代女性ももちろんいます。

全ての女性が30代になれば市場価値が下がり、売れ残りになる訳ではないのです。

では、結婚できる30代女性と売れ残る30代女性との違いは何なのでしょう?

それは、結婚できる女性が自分の「市場価値」を知り、それを上げるべく日々努力をしていることです。

確かに年齢だけを見れば、30代女性は20代女性にはかないません。しかし、別の部分では20代女性に負けないものを持っています。

30代女性は「ある程度完成された器」です。夫である男性が1から教育しなくても、家事やお金の管理など、家庭生活を維持していくための基本的なスキルは身についていますし、精神的にも安定しています。

つまり、将来の家庭生活が具体的に予想できるため、家庭に安定を求める男性にとっては非常に有り難い存在に。家庭運営のためのマネジメント能力で売り込めば、30代女性でも十分20代女性に勝てるのです。

結婚できる女性はそれを分かっていて、うまく相手にアピールしているのです。

♥関連記事:自分の市場価値を知り、適正価格で勝負しよう!

仕事のスキルが上れば、婚活のスキルも上がる

とはいうものの、家庭生活など1人では練習できないし、30代だけどそんなスキルはない、どうしよう!?と焦るあなた。不安になる必要はありません。スキルを磨く場所はあなたの側にあります。

それは仕事です。商品をお客さまに気に入ってもらうために、欠点もあるがこんな美点もあると売り方を工夫する作業は、婚活の場では自分をいかにうまくアピールできるかを考えるのと同じです。

大量の仕事を効率よく短時間で済ませるよう工夫するスケジュール管理能力は、婚活の場で効率よく活動をするための能力につながります。

最少の労力で最大の利益を得るためのマネジメント力は、家庭生活におけるお金の管理に十分応用できます。

その他、トラブルが起きた時の問題解決能力は、義家族やご近所とのお付き合いにもきっと役立ちます。

つまり仕事の能力を上げることが、婚活の能力を上げることにつながるのです。これは仕事を覚えたての20代では絶対にできないことです。

仕事に振り回されるのはNGですが、仕事のデキル女になることで、ぜひ婚活も成功させましょう!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。