不毛な恋をあきらめる勇気を!

たそがれる女性

「出会いがない」と嘆く30代女子には2通りあるのをご存じですか?一方は出会いを求め、婚活に前向きな人、もう一方は「不毛な恋」に惑わされ、出会いを求めている振りをしている人。

そんなことをしていたら、売れ残り確定ですよ。

スポンサードリンク

もしかして、あなたは婚活に本気でない?

30代女性の婚活は、本当にシビアな状況です。

「若い雌の方が子どもを産んでくれる確率が高いから」という生物学的な雄の本能の前にはどんなに頑張ったって太刀打ちできません。

おまけに終身雇用の崩壊、草食系男子の増加など、「なんでこの時代に生まれたのよ~」と叫びたいほど負の理由も重なって、少女の頃に夢見ていた理想の結婚など、遠いおとぎ話のように思えてしまいます。

独女女子会などでも「出会いないよね~」「いい男、いないよね~」などのセリフはほぼ挨拶代わりなのではないでしょうか?

しかし、その中には本気で「出会いが欲しい」と思っている人と、そうでない人がいるのですよ。皆さん!

まず本気の人は、きちんと婚活にいそしんでいます。嘆いているだけでは状況が変わらないことを知っているからです。

本気でない人は、「出会いがない」と愚痴りながら、実は何もしていません。それには色々な理由があるのだと思いますが、その中の1つに、不毛な恋をしているからというのがあります。

あきらめる勇気を持つのも必要です

婚活に本気になれない女性たちの理由の1つ「不毛な恋」。これは心の問題であるだけに、非常にやっかいです。

好きな人と結婚相手は違う、とは女性の結婚観としてよく言われる言葉ですが、少しでも優しさのある女性なら、そこまでシビアに割り切ることができません。

では今の恋を大事にして、相手と結婚までこぎつければ万々歳なのですが、世の中そんなに甘くもありません。

好きな相手が既婚者だったら?仕事上重要な相手で、関係をこじらせる訳にはいかない人なら?あるいは元カレなど、過去に終わった関係の人だったら?

そんな人たちには告白すら無理ですよね。普通に考えたら結婚どころか地獄へまっしぐらのコースですもの。

結局こちらも足踏み状態。動くことなんてできないのです。

しかし、足踏みしている間にも、時間はどんどん過ぎていきます。女性としての賞味期限(こんなことはあまり言いたくありませんが)もどんどん無くなっていきます。

今の恋が実る確率がゼロに近いなら、あきらめる勇気を持つのも30代女性には必要です。

不毛な恋を思い切るための方法

不毛な恋に執着し「出会い」を探しにいかなければ、あっという間に「売れ残り」が確定してしまう30代女子。思いを断ち切るためにはどうすればいいのでしょうか?

多くの女子が実践している方法をお教えします。

  1. 女友達と遊ぶ
  2. 相手のことを考えてしまう時間を作らない。とにかく楽しむ。

  3. 相手の存在を消す
  4. 相手の写真やもらった物などを目につかないようにし、スマホの連絡先、SNSなども消去。
    相手をうっかり見かけることのないようにする。

  5. 相手のイヤな部分を書き出す
  6. PCやスマホではなく紙に書くのがコツ。
    あとから読み返すと「こんなヤツが好きだったのか~」と冷静になり、テンションも下がる。

  7. 新しい出会いを求める
  8. 合コン、一人飲みなど、積極的に出会いを求める。

特に4は、婚活の目的とも重なるので、二重の意味でオススメです。

「いいなと思ったら3日以内に誘ってみる」という30代女子の恋愛法則にのっとって、積極的に新しい恋で不毛な恋を上書きしてしまいましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。