アラサー女子の「自虐ネタ」は痛々しすぎて要らない!

自虐ネタで失敗した女性

「合コン」の成否は「場が盛り上がるかどうか」。10代合コンデビューの頃ならいざ知らず、アラサー女子ともなると、盛り上げ役をこなすことも。

しかし、ウケるはずの「自虐ネタ」もアラサー女子がやるとひかれることがあります。どうすればいいのでしょう?

スポンサードリンク

自虐ネタはアラサー女子が使うと危険!?

「合コン」に限らず、初めて会う人が多い飲み会は、その場が盛り上がったかどうかで後味が全然違いますよね。

「楽しかった~」と思えるから「じゃあ次も」になるわけで、何度も沈黙が訪れたような飲み会に次はありません。

ですから皆(特に幹事は)、必死で場を盛り上げようと頑張ります。

ネットでちょっと検索すると「合コンで必ずウケる鉄板ネタ〇種」などというタイトルで、宴会盛り上げノウハウがたくさん出てきます。

合コン初体験の10代の頃なら、「お客さま」感覚で相手の盛り上げテクにただ笑っていればよかったかも知れませんが、アラサー女子ともなると、「幹事」として盛り上げ役を買って出なければならないことが増えてきます。

そんな時、あなたはどんな風に場を盛り上げようとするでしょうか。

もしかして、自ら笑いを取るために、いわゆる「自虐ネタ」というのを披露してはいませんか?

確かに、「自虐ネタ」はその場を盛り上げるための有効な手段の1つですが、アラサー女子が使うと「自爆」しかねない危険なツールなのです。

こんな自虐ネタは自爆行為!

ちなみに「自虐ネタ」というのは、自分を落とすことで相手を笑わせるテクニックのこと。

「変顔」なんかも一種の「自虐ネタ」になるのですが、こんな自虐ネタは、アラサー女子が使うと笑えるどころかひかれてしまいます。

男性からもリアクションに困るという不評の声があがっていますよ。

「もうおばちゃんだから」
「結婚できない、このままだと老後は孤独死かも」
 太ったお腹を指して「私妊娠してるの~」
「年のせいか体力がなくって」

これらは皆、年齢や体型などのコンプレックスをネタにしたものですが、この手のネタにはお約束の返し「そんなことないですよ~(まだ若い・太っていない)」を期待している感がアリアリ。

その必死さが透けてみえるために、周りの人は苦笑したり、下を向いたりするしかなくなります。

「今日も起きられなくて会社に遅刻して~」
「酔っぱらって記憶無くしちゃって…」
「私のせいで会社の人が大変で」

これらは失敗をネタにしたものですが、だらしなさが露見したり、他人に迷惑をかけたりするような失敗は、アラサーなのにまだこんなことをしているのか、と相手に幻滅されてしまいます。

こんな自虐ネタならまあOK

アラサー女子にはちょっと使いづらい「自虐ネタ」。

女性
どうしても盛り上げるために必要だと感じたなら、「コーヒーに砂糖を入れるつもりが間違えて塩を入れちゃった」くらいの、他人に迷惑をかけない、他愛ない失敗談にしておきましょう。

年齢や体型、結婚できないことなど、本当はツライと思っていることを自虐ネタにするのは、基本的に封印した方が身のためです。

体を張っても何もいいことがありません。それこそ何のために「合コン」に来たのか分からなくなってしまいます。

女子の笑えない自虐ネタというのは、自慢話の次に「聞きたくない」話だというアンケート結果もあります。

合コンでは、盛り上げ役は男性にお任せして、彼らの話に興味を持ち(持つフリをして)聞き役に回れば張り切ってその場を盛り上げてくれるでしょう。

本来男性は、話を聞くよりも話す方が好きな生き物です。

よって、自虐ネタで先陣切って切り込むのではなく、「お客さま」として振る舞うのでもなく、「サポート役」をきちんとこなす

これが合コンでのモテるアラサー女子の正しい立ち位置です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。