医師・歯科医師向けの婚活

医師

職業によってはなかなか異性とめぐりあう機会がなく、結婚適齢期を過ぎてもパートナーが見つからずに悩んでいる人も多いものです。

しかし収入面、性格面ともに申し分ないとなれば、本格的に探すことで早々に結婚できる可能性が。今回はその中でも、医師・歯科医師の婚活事情に迫ってみました。

スポンサードリンク

人との出会いは多いけど、恋愛に発展しない職業

医師・歯科医師といえば複数ある職業の中でも、学力、収入ともに上位に位置しています。

実力があればさらなる収入アップも期待でき、長く安定した収入が見込める職業でもあるため、結婚相手の職業として選ぶことができれば家計も安心でしょう。

ただ、仕事の忙しさも複数ある職業の中でもトップクラスといえます。なかなか家に帰ることができなかったり、休みがとれなかったりといったことも珍しくはないでしょう。

また、仕事上職場での出会いは非常に多いのですが、その相手が仕事仲間と患者にほぼ限定されるため、仕事関係以外の出会いが乏しく恋愛に発展しづらいという欠点が。

もちろん職場恋愛、患者さんとの恋愛もあり得ますが、仕事は仕事と割り切ってしまうとその関係も長くは続かなく、忙しさからふたりの時間をなかなか作ることができないため、パートナー探しに困難をきわめることも。

夫が医師・歯科医師であることを望んでいる女性は多い

女性が望む理想の結婚相手として、収入面の高さや安定さを上げる人はかなり多くみられます。当然医師・歯科医師はかなり人気。結婚相談所や婚活サイトでも男性の職業としてこれらに絞って探す人も少なくはないのです。

そのため、なかなかパートナーが見つからずにあせっている男性医師の方、男性歯科医師の方がこれを読んでいるのなら、ぜひ自信を持ってください。まわりからせかされたとしても、必ずいい相手はみつかります。

医師・歯科医師専用の結婚相談所を利用しよう

結婚相談所を利用する場合、女性が男性を選ぶ方法が一般的です。そのため男性は女性が望むような条件を少しでも多く持っている方が有利。

医者というだけでも他の職業に比べて有利ですが、よりすてきな伴侶を見つけたいのであれば、医師・歯科医師専用の結婚相談所に登録してみるといいでしょう。

フェリーチェ(FELICE)は医療業界専門の会員制結婚情報サービスとして知られています。

なんと男性会員は100%医師・歯科医師なので、女性が医者のパートナーを探したい場合には最適のサイトなのです。

もちろん、男性の収入面だけをあてにしているようでは医者の伴侶はつとまりませんから、女性も学歴等それなりの質の高さが求められます。

忙しい夫の仕事を支え、家庭を切り盛りできる要領の良さも求められるでしょう。

忙しい職業ともなれば、普通に恋愛してデートしてといった結婚前段階のドキドキした雰囲気は楽しめないかもしれませんが、女性が男性の心の癒やしになることができれば、きっといい夫婦関係が築けるはずです。

夫の職業が決まっていることで将来設計がしやすい

医師・歯科医師である場合、生涯その仕事に携わっていくことがほとんどです。それだけ重要な職業ですし、それが可能なだけの知識や実力を持っています。

そのためこれら職業に携わる夫を持つ妻は収入面等が安定するため、将来設計もしやすいのです。

子どものこと、住宅のこと、将来のこと、いずれも早い段階で考え行動にうつせるので、慌てる心配もないでしょう。

一方、サラリーマンの場合は異業種に転職することも珍しくはないため、一流企業に勤めていた夫が、急に脱サラした……なんていうこともあります。

結婚相談所を利用して結婚したものの、相談なしに仕事をかえてしまった……なんてことになれば、最悪の場合は離婚話に発展する可能性だってあります。

そういう面を考えても、医師・歯科医師との結婚は非常にメリットの高いものといえるでしょう。

医者の妻として求められるもの

結婚相談所で男性医師や男性歯科医師を探す場合、女性が求められる条件はかなり高くなります。実際、専門職に特化した結婚相談所はメンバーの質の高さをウリにしているため、学歴や収入面は女性においても求められるのです。

そのため入会金なども一般的な結婚相談所に比べれば高めですが、双方がそれなりの質の高さを求めるのであればそれも納得の価格といえるでしょう。

大学病院などにつとめる夫であれば、忙しさを家庭でしっかりと癒やせるように料理、掃除などはそつなくこなしたいところ。帰ってきたときにおいしい愛妻料理をふるまえるようになれば最高ですね。

開業医である夫であれば、事務など手伝える作業があれば一緒に仕事をするのもいいでしょう。これなら夫婦一緒にいる時間も長いので、仕事もさらにはかどるはずです。

女性が医師・歯科医師の場合

女性医師の場合でも結婚相談所を利用するケースは多いことでしょう。男性医師に比べると全体的な人数が少ないので婚活率は低めかもしれませんが、男性側も女性が医者であることを望んでいるケースもあります。

例えば男性も医者の場合は、夫婦両方が医者ということになります。妻が結婚や育児をきっかけに一時的に仕事を休んだとしても、一定期間が過ぎれば仕事に復帰できて世帯収入の安定にもつながります。

お互いが激務の仕事ですからなかなかプライベートな時間はとれないかもしれませんが、仕事の大変さをお互いがわかっているため励ましあいながら毎日充実した日々を過ごすことができるでしょう。

また、お互いが医師免許を持っていれば開業医となる場合も好条件が整っており、成功しやすいといえます。

ただし女性医師の場合は、仕事を続けるかどうかは夫と相談の上というケースが多くなるはず。どうしても仕事を続けたいのならその旨を伝えて、それでも結婚を承諾してくれる男性を選びたいもの。

少なくとも結婚相談所の場合は、最初に女性が男性を選ぶケースが大半なので、女性の職業や働き方については融通が利きやすいといえます。

医師の婿養子を探すには

医者の場合、その子どもが医者というケースも多く、長く続く開業医ともなれば子どもが病院を引きつぐこともあります。しかし跡継ぎがいないとなれば、婿養子を探すことも本格的に考えなければいけません。

この場合も先に紹介したような、男性会員が全員医師か歯科医師というような結婚相談所などを利用することで、効率よく探すことができるでしょう。

もちろん婿養子としての相手を探しているということを前提に話をすすめなくてはいけませんから、結婚条件としてあらかじめそれら情報を公開しておくことも忘れずに。

女性本人の希望も当然優先すべきところですが、婿養子の場合は女性側の両親などの意見が強く影響するでしょうから、後々もめることのないように話し合いもしっかりしておきましょう。

結婚適齢期を逃さないようにしよう

近年は結婚をする年齢もあがり、30代ならまだまだ独身生活が楽しい時期、40歳になって少し考えるもののまだ大丈夫、40歳代中盤になってきていきなり焦りを感じる、といった楽観視型の人が多くみられます。

女性の場合は出産のこともあるため、30代のうちに結婚をしたいというケースが多いものの、男性はかなりマイペース。

特に独身で趣味などのプライベートが充実していたり、仕事に集中して結婚どころではないと考えていたりする人ほど、こういった状況になりがちです。

まだまだ大丈夫、と思っていても、結婚適齢期はあっという間に過ぎてしまうことも。

焦ったときにはすでにかなり年齢が上になり、望むようなパートナーが見つからずに、結婚をするのに苦戦することも少なくありません。

それでも医師・歯科医師の場合は将来的な仕事の安定も見込めるので、結婚適齢期を逃しても結婚しやすい職業といえます。

しかし子どもが欲しい、若いうちに夫婦二人の思い出をたくさん作っておきたい、などといった希望が少しでもあるのなら、なるべく早めに婚活をしておくことをオススメします。

近年では全国的に医師不足で、多くの医師が激務な状態です。それでも人の命にかかわる大切な仕事ですからそれを誇りに思い、長く続けていけるように最高のパートナーを見つけることも忘れないようにしてくださいね。

マッチ・ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す