「干物女」でも結婚できる!?

脱!干物女

仕事もお酒も趣味のゴルフだって男性には負けない!そんな女性が増えています。

でも仕事で男性と張り合っているうちに、心も体も「オヤジ化」していませんか?女性らしさを枯らしてしまった「干物女」が婚活に成功する秘訣をお教えします。

スポンサードリンク

あなたは「干物女」と呼ばれているかも!

入社以来仕事一筋!お酒も大好き、最初は営業の一環として始めたゴルフだって、日々練習場に通い、今やシングルの腕前。世の中にはこんな女性が増えています。

彼女たちは確かに、男性同士で交わされるどんな話題にもついて行くことができます。営業成績も、トラブルも、最近話題の日本酒も、ゴルフのスコアやクラブの良し悪しも。

男性にとって話していてこれほど退屈しない相手はいません。日々のお誘いには事欠かない状態でしょう。ただしそこに色気は全くありません。

誘ってくれる彼らは、もはや女としてあなたを見ていません。そうしてあなたも、もはや女性としての魅力は減少し、考え方すら男性的になっているのではないでしょうか?

風呂上りのビール最高~!と祝杯をあげている場合ではないのです。こんな中性化?した女性は、恋愛に関しても全くやる気がありません。

仕事で疲れているから休日は家でダラダラ、着替えもせず、ノーメイク。ファッション?平日のスーツで十分。こんな女性のことを「干物女」と呼ぶそうです。

昔ピチピチと恋愛にはげんでいた頃の思い出を反すうしながら、枯れ果てた自分に満足している。

あなたの人生、本当に、それでいいんですか?

干物女が婚活で失敗する原因

仕事では文句なく男性と同等に、あるいはそれ以上に渡り合える優秀な彼女たちが、いざ婚活を始めると、途端に上手くいかないのは何故なのでしょうか?

その理由は、ズバリ「女らしさ」を忘れてしまっているからです。干物女とは、女らしさが干からびてしまった女性のことなのです。

彼女たちの行動をちょっとのぞいてみると、

  • 休日は楽な格好でいることが多い、当然出掛けるときもそのまま、スッピンでも平気
  • ヘアスタイルに気を遣わない、どんな髪型でも、毛先がはねていても平気
  • おじさんたち御用達の居酒屋や焼き鳥屋でも1人で平気で入れる
  • 見えない部分のお洒落を怠けている、下着は上下バラバラ、ムダ毛処理はしなくても平気
  • オヤジっぽさが全開、足を開いて座る、言葉遣いが乱暴
  • カバンの中身が乱雑

どうですか?当てはまるものがありましたか?

一言でいうと、これらは全部、男性に「見られている」という意識がなくなっている状態です。

誰かに見られていると思うと、髪や服装に気を使うし、仕草も上品になりますよね。

干物女が婚活で成功するためには

今までは仕事一筋だったけれど、やっぱり結婚したいと思うあなた。自分が女らしさを枯らした「干物女」だと自覚したなら、結婚への道のりを半分クリアしたも同然です。

干物女の特徴を排除し、婚活を成功へと導きましょう。そのために必要な行動は、

  • 部屋を掃除して気分を一新、新しい自分を演出する、「面倒くさい」の一言は禁句
  • 婚活中は仕事と同様、ポジティブ思考で攻める、待ちの姿勢では出会いは来ない
  • 恋愛脳になるために、恋愛ものの映画やドラマを見たりして、感性を復活させる
  • 髪型や服装はフェミニンなものを選び、おしゃれな場所にも積極的に出没して、場違い感を払拭する
  • 美しく見える仕草やモテ仕草を研究、実践する

これを一度に全部クリアするのは大変かも知れませんが、まず興味のあるもの、自分にできそうなものから始めていけばいいと思います。

実践していくうちに、きっとあなたのことを「干物女」と呼ぶ人はいなくなるでしょう。

理想の相手と巡り合い、共に生きていくために、今が踏ん張りどころです!

スポンサードリンク

コメントを残す