生活力の低い女性は結婚対象外!

魅力的な女性

30代婚姻歴無しの女性より、20代バツイチ女性の方が男性に人気があるって知っていましたか?

理由は、一度結婚生活を経験した女性の方が「生活力」があると思われているから。婚活における生活力の大切さを知り、生活力を身につける方法を考えてみましょう。

スポンサードリンク

30代婚姻歴無し女性より20代バツイチ女性がモテる理由

男性が「結婚したくない女性」として挙げる特徴の中には、「金遣いが荒い」「思いやりがない」など、どれもなるほど~!と思えるものが満載ですが、その中で多くの男性が「生活力がない」女性とは結婚したくないと言っています。

「生活力がない」とは、料理や掃除などの家事ができない、生活していくために必要な手続き(例えば住民登録や税金、公共料金の処理など)を知らないということです。

昔ほど離婚に対して嫌悪感のない今、20代のバツイチ女性の方が、30代婚姻歴無しの女性より男性に人気があるそうです。

なぜなら一度結婚生活を経験している女性には、一通りの生活力が備わっていると思う男性が多いからだそうです。

また以前は「1人暮らしの女性=親の監視がないのを良いことに遊んでいる」と思われ、縁談に支障をきたすと反対する親が多く、男性側も実家暮らしの女性の方が「きちんとした家の女性」だと好む傾向がありました。

しかし今、実家暮らしの女性は何もできないと認識され、1人暮らしの女性の方が男性に人気のようです。

実家暮らしがあなたを堕落させる?

実家暮らしの女性全てが、生活力のない女性ではありません。親を支えて大黒柱となり、尚且つ家事全般をこなしている女性もたくさんいます。

しかし30歳を超えても実家に暮らし、家事全般は母親任せ、給料も家に入れず、「自分の給料だけでは生活できない」という女性は、やはり男性にとって「甘やかされている女性」「生活力のない女性」として結婚の対象外となります。

では1人暮らしをしていれば、生活力が身につけくのでしょうか?

実家暮らしの人よりはマシかも知れませんが、例えば足の踏み場がない部屋に住み、食事は全て外食、休日に溜まった家事をすることもなく部屋着のまま一日中ゴロゴロ、こんな干物女のような生活を送っているなら、生活力は身につけきません。

結婚生活は毎日がやること満載です。専業主婦からスタートするならまだしも、仕事をしながら2人分の家事をするには、要領の良が絶対に必要です。

慣れない家事はあなたを疲れさせ、不機嫌にさせ、それをパートナーにぶつけようものなら、夫婦生活が暗礁に乗り上げるのも時間の問題です。

生活力を養うためには

生活力とは、現実問題に対する具体的な対応力です。社会人である皆さんならわかると思いますが、仕事をしていて、マニュアルにないイレギュラーな問題に出くわすことなんてしょっちゅうです。

会社であれば、新人の頃はどんな風に対応すれば良いか先輩に教えてもらい、なんとか対応していくでしょう。

そのうち何となくやり方がわかってきて、自分の力で対処できるようになってきます。

生活力とは自分で解決できる力のこと、つまり自立につながります。

30代女性なら、社会的自立・経済的自立・精神的自立、そして生活的自立もするべきです。

母親という先輩に料理や掃除の仕方を教わる、あるいは本を読んで勉強し、休日には母親に代わり家事を代行してみる。これだけでも、随分と生活力は上がると思います。

しかし親というものはどうしても子どもを甘やかしてしまうもの。そんな事をしなくていいよ!と言われてしまったら、いっそのこと短期で1人暮らしをするのもアリです。

短期賃貸マンションやマンスリーマンションなら家電なども揃っていますし、賃貸で部屋を借りて1から1人暮らしを始めるよりも、費用は安く済みます。

1人暮らしのメリットやデメリットを知ることもできるのでおすすめです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。