夫は自衛隊員! 自衛官と結婚するための婚活方法

自衛官

自衛隊員というと、国や人のために命をかけて仕事に従事する憧れ的イメージが強い人も多いことでしょう。もしそんな人が夫なら、妻としても誇りのはず。

そこで今回は、自衛隊、自衛官と結婚したい人のための、婚活方法をご紹介します。

スポンサードリンク

自衛隊員の数と結婚できる可能性は?

自衛官は陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属しており、その数は全部で約24万人。

ちなみに女性は12,300人なので、自衛官の多くは男性ということになります。しかし女性自衛官は独身のケースが多いので、男女どちらの自衛官とも縁があればお付き合い、結婚の可能性もあるのです。

とはいえこの数字は既婚者も含まれてるので、婚活してパートナーとなりうる自衛官の数はこれよりももっと少なくなります。

そう考えると、結婚できる確率はかなり低くなるのでは、と考えがちですが、これはどの職業であっても同じこと。

全体的に婚活して結婚相手となる人の職業はサラリーマンが多いですが、これは安定した収入や職業が婚活に有利なだけであり、自営業、フリーター、公務員といった立場であっても結婚を望んでいる人はたくさんいるのです。

自衛官の場合はその中でもかなり特殊な職業になるので、妻(夫)となる人の理解や協力なしでは難しい仕事といえます。

職業柄、一般の人との出会いが少ないこともあり、婚活したくてもなかなかできないことも。

一方で自衛官と結婚したいと考えている人も、どうやって知り合えばいいのかわからずに悩んでいることもあるでしょう。

そのため、うまく出会う機会さえあれば、順調に結婚まで行くケースも少なくないのです。

特に今はインターネットという便利なものがあるのですから、自衛官の仕事に影響しない範囲で上手に婚活をしていくこともできるはず。

婚活サイト、結婚相談所もそういった出会いをサポートしているので、ぜひ積極的に利用したいところです。

自衛隊員の性格は夫向き?

自衛官はその職業柄、性格として真面目や芯の強いといったイメージを持っている人も多いことでしょう。

実際その傾向は強いですが、優しさやユーモラスな一面を持っている人も多くいます。仕事はハードで大変ですが、それでも真剣に取り組める環境を妻が用意してあげればストレスも最小限になり、よい夫婦関係が築けることでしょう。

忙しいながらも妻や家庭を大切にしてくれれば、一緒にいる時間がかけがえのないものになるはず。

収入も一般的な職業に比べれば高く、各種手当等もしっかり決められているため、家計を支える妻としても安心です。

仕事上、家庭のことはあまり積極的に手伝えないでしょうから、妻が積極的に家事、育児等に専念する可能性も。

最近は共働きの家庭が多いですが、専業主婦を望む女性も増えているので、夫と相談して働き方を時期に合わせて見直すのもいいかもしれません。

自衛官の職場結婚

自衛官は仕事上、他の自衛官と接する時間が多いので、自衛官同士の結婚も珍しくはありません。

女性の自衛官は全体から見れば数は少ないものの、年々少しずつ増えており、事務官に限れば23.4%とかなり多くなっています。

男性自衛官同様、女性自衛官も他職の人と知り合う機会が少ないですから、身近でかつ自衛官の仕事の大変さをわかっている同僚とは、意見や性格もあいやすく意気投合しやすいはず。

そういったことから、職場結婚は成功しやすい婚活の成果ともいえるかもしれません。

とはいっても、自衛官のパートナーをゲットするために自分が今から自衛官になるのはかなり無茶なもの。

そのため、知り合いに自衛官がいるのならその人と知り合いと仲良くなっておき、異性の自衛官を紹介してもらうのもひとつの手です。

自衛官専門の結婚相談所がある!?

最近は特殊な職業に特化した結婚相談所が多くみられます。全体的に見ればニッチな市場ですが、確実に需要があるためじわじわと人気になっているのです。

そして実は自衛官の婚活を専門に扱っているサイトもあるので、自衛官と結婚したい人はぜひ利用を検討してみましょう。

[自衛隊プレミアムクラブ]は、まさに、自衛隊専用の結婚相談所サービスサイトです。

自衛隊OBがプロデュースしており、男性の自衛隊員30代~40代と、自衛官との結婚を望む女性20代~30代を対象にしたサービス内容。

業界唯一ともいえるこだわりぶりが、自衛官の婚活に大いに役立ってくれます。

ここでは女性は写真審査のみで、利用サービスにより毎月5名の異性を紹介してくれます。

他の結婚相談所に比べれば人数は少ないものの、自衛官のみということであればこの数はかなりのもの。

1年間で60人の自衛官と知り合えるわけですから、理想の相手も見つけやすいことでしょう。

実績としては、基地・駐屯地でのイベント、婚活パーティの運営、企画、集客などがあり、サイト上でそれら情報を確認することができます。

もしかしたらあなたの住んでいる地域にある基地や駐屯地でもこれらが行われている可能性がありますから、積極的に調べるようにするといいでしょう。

また、自衛官限定ということから、出会いの方法も多く用意されています。

インターネット、パーティーはもちろんのこと、結婚相手紹介サービス、さらに男性自衛隊員限定サービスとして合コンのセッティングが行われることも。

料金設定も利用サービスによって異なるため、忙しい人やあまり外出できずに様々なサービスを使いこなせない人にも安心です。

登録資格は男女いずれも18歳からなので、自衛隊員との恋愛、結婚を考えている女性はぜひチェックしてみましょう。

自衛隊への知識を深めよう

自衛隊の仕事は何となく知っていても、その具体的な内容まではわからないというケースがほとんどのはず。

そのため、自衛隊員と知り合って会話がより盛り上がるようにするためにも、まずは自衛隊への知識を深めてみましょう。

先に紹介した自衛隊プレミアムクラブサイト内にも、各基地や駐屯地を紹介したページがあります。

実は一般の人でも基地内に入れるチャンスはあり、何かしらのイベントが行われているときは一般開放されて見学したり、疑似体験したりといったことが可能なのです。

これらイベント情報は、その基地や駐屯地のある地元情報が紹介されているものを参考にしたり、[防衛省・自衛隊]のサイトを随時確認したりしておくといいでしょう。

特に後者では、女性限定で一日見学ができる企画なども用意されています。

かなり豊富な情報が掲載されているので、ぜひ目を通しておくことをオススメします。

こういったイベントに積極的に足を運んでいれば、直接自衛官と出会うチャンスもグッと広がるでしょう。

自衛官と結婚した後はどんな感じ?

自衛官の妻は、専業主婦が多いといわれています。その理由として大きいのが転勤の多さや留守の多さ。

数年おきに全国の基地・駐屯地への転勤の可能性も含め、訓練や派遣等により数日留守にすることも多々あります。

専業主婦が可能なだけの給料が得られるのは魅力ですが、妻一人で家庭の様々なことをやりくりしなければいけないため、精神的体力的に不安定になってしまう人もいるかもしれません。

しかし今は在宅でできる仕事も増えているため、転勤しても影響のない仕事を見つけられれば上手に共働きができるでしょう。

家事や育児の負担が妻に大きいため、外に働きに出るよりは稼ぎは少なるかもしれませんが、夫の稼ぎが多い分、妻の稼ぎを貯蓄に回す余裕も出てきます。

家事や育児の疲れを上手に在宅ワークで発散するような気持ちの切り替えができると、仕事も長続きするでしょう。

自衛官と知り合うことで、今までは気づかなかったことが見えてきたり、様々な経験をしたりすることもできるはず。

ぜひ婚活系のサイトで積極的に自衛官との出会いのきっかけを作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す