ゴールの見える婚活を!

自転車と女性

誰よりも真面目に婚活に取り組んでいるような人に限って、陥りやすい「婚活ホリック」。

毎週休みにはマッチング相手とデート、その合間に婚活パーティーに出席し、デートの予定を入れる。

これではまるで義務のよう。ゴールの見える婚活を!

スポンサードリンク

一生懸命婚活に励んでいるのに、なぜか結婚できない人たち

年齢30を過ぎるまで、あまり恋愛に縁のない人生を送ってきた喪女&独女の皆さん。

アラサー世代というのは、周りも自分も「結婚するのか」「子どもを産むのか」という女の人生の中でも1,2を争う難問に直面する世代ですよね。

女が1人で生きるのは、まだまだ大変な日本の社会。

20代で早々に結婚した友人たちは可愛い子どもの写真入り年賀状を送って来るし、上司や後輩の「早く結婚しないと売れ残っちゃうよ」みたいな余計な一言に心をかき乱され、しかし焦っても結婚相手のアテもなく、時間だけが虚しく過ぎていく…。

そんな代わり映えのしない生活にピリオドを打つべし!と婚活を始めた皆さんは立派です。

女性
30代女子が結婚を本気で考えるなら、まず自分から行動しなければなかなか結婚の機会は訪れません。

そういう意味で何もしていない女子たちより、一歩も二歩もリードしているのは紛れもない事実です。

しかし、婚活に一生懸命に励んでいるにも関わらず、なぜか一向にお相手が見つからない。

時間もお金もかけている筈なのに、結婚できるどころか、ますます結婚から遠ざかっているように見える人たちがいます。

いわゆる婚活ホリック(中毒)を起こしている人たちです。

「婚活ホリック」を起こしている人の日常

30代女子にとって「婚活」が険しい道のりであることは、少しでも婚活をかじった経験のある方なら理解できると思います。

理想のお相手を見つけるためには、努力しないといけないことも。

だからといって、休日は結婚相談所や婚活アプリでマッチングした人とのデートに時間を割き、平行して新な出会いを求めて足しげく婚活パーティーに通い、次のデートの予定がないと焦ってまた新な相手を求めてパーティーに参加する…。

こうなるともはや無限ループに陥ってしまったかのよう。

女性
まるで義務で「婚活」を行っているようで、これでは自分も全然楽しくありませんし、時間の無駄です。

こんな風に、「婚活」が「自分の全て」になってしまうのは、真面目で、自分にも他人にも厳しく、高い理想を持つ人に多いと聞きます。

婚活をしていると、確かに多くの出会いがあります。

しかし、多く出会えば出会うほど「本当にこの人でいいのか」という迷いが生じ、次に会う人の方が自分の理想に近いのでは、と思ってしまいがちです。

つまり無意識のうちに、理想がどんどん高くなっているのです。

もし、あなたがこんな日常を送っているとしたら、一度立ち止まってみましょう。

ゴールの見える「婚活」を

「婚活」自体にハマりすぎ、「婚活ホリック」を起こしている皆さん。「婚活」をするからには、ゴールの見える「婚活」をしましょう。

そこで、ゴールの見える婚活のためのヒントをご紹介します。

婚活の期限を決める。

これにより、ダラダラと次の出会いを求めることが防げます。

今まで婚活で知り合った人間関係を一度整理する。

あの人も、この人もと目移りしていたら、たった1人の人を見つけられなくなります。

仕事や趣味など、婚活以外のことを充実させる。

婚活はあくまでサイド。充実すべきは本来の生活である、仕事や癒しである趣味です。

婚活パーティーや新な出会いに対して、ワクワクした気持ちがなく、義務感しか感じられなくなったら思い切って欠席する。

義務感でパーティーに出席しても意味はありません。結果も目に見えています。

清潔感のある女性

確かにこれまで出会った彼は、あなたの理想そのものではないかも知れません。

しかし、結婚生活とは「二人で作り上げるもの」であり、パートナーは「共に成長し、支え合う者」です

現時点で高得点でなくても、時間をかけてあなたと一緒に高得点を目指せばいいのです。

時には、次に出会い連絡先を好感した人とじっくり向き合ってみる覚悟をすることも良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。