多種多様な婚活サービスはこう利用しよう!

車と女性

30代独女・喪女の皆さん!結婚できずアラフォーになるのがイヤなら、ぜひ「婚活」を始めましょう。

はじめて婚活サービスを利用する皆さんに、結婚相談所・婚活パーティー・婚活アプリそれぞれの特徴や利用方法について伝授しちゃいます。

スポンサードリンク

30代独女・喪女の皆さん!結婚できずアラフォーになるのがイヤなら行動あるのみです

笑顔の女性

女子も30歳を過ぎると、自分から「出会い」を求めていかないと、家と会社の往復ではドラマのような出会いは期待できるはずもありません。

30代独女・喪女の皆さん、結婚もせず、このままアラフォー、アラフィフに突入するのがイヤなら、悶々と悩んでいるヒマはありません。

行動あるのみです

昔、近所のおばさんや会社の上司など、仲人役を買ってくれる「お世話好き」な人が世話を焼いてくれました。

今はインターネットを取り入れた新しい婚活ツールが、いくらでもあなたを応援してくれます。

極端な話、地球の裏側にいる相手とでも婚活できる世の中になったのです。

そこで、さまざまな「婚活」の方法と、その利用法、そしてどんな人がその方法に向いているかについてお話したいと思います。

今回ご紹介するのはこの3つ、

  • 結婚相談所
  • 婚活パーティー
  • 婚活アプリ

どれも独女の方なら一度は耳にした「婚活」方法ではないでしょうか?

では3つの「婚活」ツールについて、特徴、利用方法、向いている人をご紹介します。

結婚相談所とは?

結婚相談所は、地域に根差して地元民の婚活に全力投球する小規模なところから、「ツ〇ァイ」「オー〇ット」のように、大手企業が経営し、全国展開しているところまであります。

3つの中で一番サポートが手厚い。専任のアドバイザーが付き、成婚まで事細かくお世話してくれます。

女性
ネットなどを使わず、昔ながらの「お見合い形式」を採用しているところも多いです。

成婚率も3つの中で一番高いです。

しかし3つの中で一番費用がかかるのが玉に瑕(たまにきず)。

ある相談所のモデルケースだと、入会金3万、サポート費5万、月会費1万、お見合いやパーティー費1回0.5~1万、成婚料20万と、1年で3~40万円が必要です。

利用方法は、ネットや電話で申込みを行い、お見合いの「身上書」(釣書ともいう)に当たる「プロフィール」を提出します。

あとはアドバイザーの指示に従い、婚活を進めていけばOKです。

向いているのは、男性とのお付き合いがないor苦手で、時間やお金に多少余裕のある方です。

また短期決戦を望む方にもオススメです。

婚活パーティーとは

大規模なものなら、100人超で行うパーティー形式、小規模なものなら5~8人程度の個室形式のもの、趣味や旅行を楽しみながらのものなど色んな種類があります。

3つの中では費用・精神的な面で一番気軽に始められます。

予算は大体3千円~数万程度です。

利用方法は、ネット予約が一番簡単で、パーティー主催業者のサイトから参加したいパーティーを選び、申込めばOKです。

パーティー好き、人とわいわい楽しむのが得意、取りあえず「婚活」ってどんな感じ?と雰囲気を知りたい方にオススメです。

婚活アプリ

近年人気の「婚活」ツールです。そのメリットは、ネットを使うことで「いつでも、どこでも、誰とでも」婚活できる利便性にあります。

女性
仕事が忙しくて時間が取れない、勤務形態が土日休みでない人にとっては、スキマ時間に「婚活」できるとても便利なツールです。

婚活していることが周りにバレない、費用が安いことも魅力です。

利用方法は、スマホに婚活アプリをダウンロード(ダウンロードは無料)し、入会手続きをするだけ。

月会費は大体2.5千~4千円程度です。女性は無料のところも少なくありません。

初対面の人と話すのが苦手な方や、前述のような時間のない方、違う地域の人と広く婚活してみたい方にオススメです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。